ホームホワイトニングによる知覚過敏、濃度と時間の関係のついて

相談者: angelaさん (30歳:女性)
投稿日時:2015-11-22 19:20:10
ホームホワイトニングによる知覚過敏と思われる症状が出ることがあります。

Opalesenceの15%を就寝中つけているので、およそ7〜8時間はつけていることになります。

翌朝起きたときは痛みが出ませんが、夕方くらいになると夜にかけて痛みが出てきて強まります。
これもホワイトニングによる知覚過敏症状といえるでしょうか。
口を閉じているだけでも唾液が出てくるような痛みで、食事や会話が少しツライのですが、我慢して出来る程度です。
その後、寝て起きると全く痛みは消えています。


質問1:
この治り方は、ある歯科医の先生の記述でも、通常24時間で痛みが消えると書かれていたので、該当すると思うのですが、痛み(反応)が半日後くらいから出る、ということもあるのでしょうか。

質問2:
また、これからもホワイトニングを続けたいのですが、20%や25%を使用して、付けている時間を短くする方が、知覚過敏を引き起さないでしょうか。
それとも、濃度を上げることで、結局、反応そのものは起きてしまう可能性が高いでしょうか。


ホワイトニングと知覚過敏のご相談は既に多いかと思いますが、上記2点、もしお教え頂けると有難いです。
そのアドバイスを受けて、歯科に行くか、自分でホームホワイトニングを継続するか、検討したいと思います。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-11-22 23:37:23
angelaさん、こんばんは。

ホワイトニング剤が分解するときに発生するフリーラジカルが歯を白くするのですが、このフリーラジカルは24〜48時間程度、歯の内部にとどまっています。
そのため半日後くらいから痛みが出ることはありえます。

現在しみているのでしたら、濃度を上げることはお勧めできません。
逆に15%でしみているのでしたら10%に落として、それでもしみるようなら、時間を短くしてみてはいかがでしょうか。

まずはしみている原因を担当の先生にご相談なさってください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-11-23 17:11:54
Dr.TSUBAKIと同意見です。


それに加え

>翌朝起きたときは痛みが出ませんが、夕方くらいになると夜にかけて痛みが出てきて強まります。

という事であればTCHが無いかも一緒に確認されておかれた方がよろしいかもしれません。

参考⇒TCH、歯列接触癖




タイトル ホームホワイトニングによる知覚過敏、濃度と時間の関係のついて
質問者 angelaさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ホワイトニングに関するトラブル
知覚過敏
ホームホワイトニング
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日