上1番、歯根破折で抜歯した後の歯肉再生手術の必要性

相談者: ぴよみさん (50歳:女性)
投稿日時:2015-11-28 22:19:02
前歯1番の差し歯にひびが入っている疑いで抜歯の場合。

現在腫れはありませんが、少し腫れている時、治ると歯肉が引き締まり審美的に悪くなると言われ、調べているうちに抜歯をすると歯肉退縮が起るようで、更に私の場合骨が溶けている(ポケット深い所あり9ミリ)のでどうなってしまうのか気になっています。

○このような状況ですと、かなり見た目すごいことになってしまうの でしょうか?
正面から見ると歯茎が凹んでその後ブリッジなどの際 1本だけ歯が 奥へ凹んでしまったり歯茎がずっと上にあったり、不自然なかんじになってしまうのでしょうか?
具体的にどんなかんじになるのか知っておきたいです。

見た目、あまりひどくなるなら、怖いし金銭的なことも気になりますが、再生手術も考えています。

エムドゲインは前歯には適さない?という書き込みもありましたがどうなのでしょうか?
効果はどうですか?
他に何か良い方法はありますか?(骨移植は怖いです)

歯根破折でもフラップ手術は必須ですか?(余計歯茎上がりそうでできればやりたくないです)

○上記のような場合、骨再生手術は必ず必要ですか?一般の歯医者さんではやっていないようで…他の患者さん方(前歯など目立つ所でインプラントを希望されない場合)はどうされてるのでしょうか?

○事情で長い間口を開けていられなく、現在体調もあまりよくありませんが、急がないとあっという間に骨は溶けてしまいますか?
再生手術は抜歯後、どのくらいの期間までなら可能ですか?

質問ばかりですみません。よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-11-29 02:13:05
大分不安になっているようですね。

前歯部の歯肉退縮量については個人差がかなりあるので、ましてネット相談のレベルでは予測が出来ません。
根破折とはいえ過去の投稿も読ませていただく限りでは初期だと思われますので、通常の割れていない歯の抜歯とおそらく大差ないのではないかと想像しますが、必ずとは言えません。

どうしても不安でしたら再生療法?(この場合再生とは言えませんので、ソケットプリザベーションとかGBR骨造成術などと呼ぶかと思います)を試みるのは一つの方法だとは思いますが、抜歯後ではなく抜歯時に行うことが多いかなと思います。(抜歯後何年経っていてもGBR、骨造成術自体は出来ます)



先に考えた方が良いのは、笑った時に歯肉がしっかりと見えるかどうかではないでしょうか。

笑った時に歯肉が見えないタイプであればそもそもそんなに深刻に考える必要はないかも知れませんし、よく見えてしまうタイプなら他の方法なども含めてそれなりに考えておくべきでしょうが、対応出来る医院はかなり限られるとは思いますよ。

ちなみにエムドゲイン歯根についている歯根膜と呼ばれる組織に働きかけて歯周組織の再生を起こす薬ですので、歯のないところには本来の意味では使われません。



いずれにせよそれなりに高度な専門的判断が必要ですから、ご自身でこの調子で勉強されるよりはお任せ出来そうな先生をまず決めて、そこでじっくりと相談されることをお勧めします。

良い先生が見つかるといいですね、お大事にどうぞ。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ぴよみさん
返信日時:2015-11-29 20:35:41
渡辺先生へ

どうなることかとても不安でしたが、先生にお返事をいただいてひとまずホットしました。
笑った時がどうなるかが大事なんですね!
その歯の真上は見えませんが、隣の歯は歯茎見えていて、歯茎凹んだら断差が目立ちそうなかんじです…。

もし、抜歯後に手術を行うとしたら、ブリッジなどしていたら一度壊してまた作り直すという事になりますか?
抜歯同時と比べてデメリットなどはありますか?

手術を受けるには、一般の医院より大学病院などの方がよいでしょうか?

あと、歯根破折でもポケットが深い場合は、フラップ手術(歯茎開けて歯石とり)などは必須なのでしょうか?

お忙しいところ恐れ入りますがよろしくお願い致します。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-11-30 09:18:14
少しでも安心して貰えたなら良かったです。

人が人の身体に行う行為ですから、

「○○をすれば△△になる」

とは言い切れません。

患者さんの状態により、あるいは術者の知識や技量により様々な可能性が考えられます。

上にお書きになられたことを何件かの歯科で実際に相談してみて、その返答や人柄的に一番お任せ出来そうな受け答えをして下さった先生に一任されてはいかがでしょうか。



特に今回は内容がかなりアドバンスですので、これ以上特殊な処置方法や可能性について患者さん自身が「頭でっかち」になるメリットはあまりないのではないかと思いますよ。
ここまででも"誤解"や"思い込み"が少なくないですし・・

ポイントとしては、可能ならですが抜歯するよりは前に相談に行かれた方が選択肢が増えると思いますので、症状のない今のうちに良さげな歯科を巡ってみて下さい。ということです。

期待されている内容も保険診療の範疇ではなく、実際に対応出来る医院もそう多くはないと思いますから、受診前にはHPなども十分読み込んで、前歯インプラント審美治療に強そうなのか"当たりをつけておく"必要もあると思いますよ。(高額になるインプラントや美容系は手を抜けば利幅も大きくできるので、前面に出しすぎた宣伝をしているところは逆に怖いですが)

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ぴよみさん
返信日時:2016-01-21 14:49:18
先生からお返事頂いていたのにも関わらず、PCトラブルで書き込みができなくなってしまいお礼が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

この度はアドバイスいただきありがとうございました。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2016-01-21 14:49:18
わざわざありがとうございます。
治療が満足のいく結果になることを祈念しています。




タイトル 上1番、歯根破折で抜歯した後の歯肉再生手術の必要性
質問者 ぴよみさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯のひび割れ、破折で抜く予定
抜歯:1番(中切歯)
歯茎の異常・トラブルその他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日