学校では教えてくれない歯の授業

噛み合わせ治療中、左側の唇や頬などが痺れます

相談者: かわみきさん (60歳:男性)
投稿日時:2015-12-06 17:19:00
先日来より#8左上および噛み合わせを治療していますが、左の唇、頬、右の腕が痺れます。
右奥の#6−8に紙を挟むと少し解消できるようです。

尚、食事の時も左で噛むと強いようですが歯の左右高さが狂っているせいでしょうか?
また、左目もなんか少し閉じているようですが、何回かそのようなと治療の時言っていますが今のまま、治療を続けるか転院が正解でしょうか?

1)高さの件
2)転院か?

以上2項目を教えて頂けませんか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-12-06 19:31:24
咬み合わせの調整と称して、安易に歯や修復物を削ったり、逆に何らかを盛り足したりするのを第一選択にするのは、過去の診療スタイルかと思います。

また、削ったり足したりしたことで一時的に症状が改善しても、また症状が発現することが多いように思います。

私だったら、第一選択として、TCHの是正指導をするかもしれません。

また、痺れに関しては、自身の判断で様子をみたりせず、内科や神経科などで相談なさってみてはと思います。

ご参考まで。

参考⇒TCH、歯列接触癖

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-12-08 08:40:51
西山です

>左の唇、頬、右の腕が痺れます

まずは、脳内疾患の有無を確認するのが先だと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2015-12-08 11:16:12
左右顎関節の動きに差がある方は少なくないと思われます。
それを含めた多くの要因によって、咀嚼側に差があったり、左右の噛み合わせの状態に差が生じることがあります。

何十年とかかって作られてきた噛み合わせの状態を、意図的に短期間で変化させることは非常に難易度の高い治療になると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: かわみきさん
返信日時:2015-12-10 16:07:29
先生たちのアドバイスありがとうございました。



タイトル 噛み合わせ治療中、左側の唇や頬などが痺れます
質問者 かわみきさん
地域 非公開
年齢 60歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 噛み合わせ(咬合)治療
噛み合わせに関するトラブル
歯科と全身疾患その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日