上顎オールオン4ブリッジ。右1番裏の欠けとインプラントが見えること

相談者: gururiさん (41歳:女性)
投稿日時:2016-02-20 21:39:45
よろしくお願いします。

昨年5月から上顎オールオン4装着のため通院をはじめ、先日2月16日にようやくブリッジを装着しました。


仮歯のときから前歯裏の厚みや隙間で違和感があったのですが、

「ブリッジにすれば違和感は少なくなる」

と言われて我慢していました。
仮歯にしてすぐに右1番が欠けたのですが、そう伝えても衛生士の方に何かで埋められるだけで数日経つとすぐにそれもとれてしまっていました。

ブリッジにしてようやく普通の歯のようになると思っていました。けれども装着後次の点の不審を感じています。


@右1番裏:装着した日から違和感があり、ナイトガードを作るための型取りをしたときの粘土(?)が残っているのかと思っていましたが、今日裏を鏡で見てみると欠けていました。

A左2番表:装着前にちらっと見たとき小さな穴が開いていて装着後先生が何かで埋めているようでした。
ここは仮歯のときも同じように埋めてありました。

B裏側、奥歯インプラントにすればすべてが白い歯になると思っていたのですが、見てみると銀色でした。
また裏側の厚みで話しにくいのは仮歯のときとあまり変わりません。


@は不良品(作成失敗?)だったということでしょうか。
ABはオールオン4では一般的なことなのでしょうか。

治療に当たってほとんど説明がなく、またモニター価格で治療を受けていることもあって、仮歯のときから色々と思うことがあったのですが我慢してきました。
ブリッジも大きすぎる気がします。

また、表側は波打っているようで普通の歯とは明らかに違います。
オールオン4の説明のあるHP等調べてみたのですが、前からインプラントが見えているものなどなく、裏側もすべて白いです(治療を受けている歯医者のHPも)。
これは材質や手を抜かれているのでしょうか。


長文、わかりにくい説明で申し訳ありません。モニター価格とはいえ自分としては非常に高い金額を支払い思い切って治療を受けたのに今は後悔しかありません。


回答 回答1
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2016-02-21 11:54:33
@について

Bの記載から陶材焼き付け金属冠か、硬質レジン前装冠でしょうが、
ブラキサーではいずれも欠けやすいかもしれません。


Aについて

義歯を取り付けるためのネジ穴ですが、一般的です。


Bについて

材料はともかく、オールオン4の義歯部は総義歯的なものですから歯並び決定に当たってはこれに準じた素養と準備が必要です。

義歯部制作前の仮義歯の時から、単なる仮義歯で、咬合・歯並びを検討するような準備品ではなかったのでしょう。

しゃべりにくいのは簡単に言えば、歯列が内側過ぎるからです。
加えて咬合高径も足りないと思います。


私事になりますが、残せる歯があるにも関わらずオールオン4を奨められた医院から転医された方が、いろいろと説明させてもらったところ今は安堵されています。
オールオン4は、インプラントと総義歯的なものとの組み合わせですので、なかなか難しいものと思っています。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: gururiさん
返信日時:2016-02-21 14:33:25
松山先生、ご回答ありがとうございます。

オールオン4に踏み切る前にいろいろなところで話を聞いておくべきだったと痛感しています。


オールオン4についてもう少し質問をさせていただきます。

@右1番表からインプラントが見えているが仕方のないことでしょうか?
 →仮歯のときは隙間をわざと作っている、と言われていたのですが、ブリッジにしてもインプラントが見えています。
HPなどでオールオン4の説明図を見ると、ブリッジ上部に歯茎のようなものがついていて、それがあればインプラントは見えないと思うのですが私のブリッジは歯の部分だけです。


A上顎オールオン4の金額約270万円かかる場合でブリッジ裏面が銀色(全部が白の義歯にならない)なのは妥当でしょうか。


何卒ご回答のほどよろしくお願いいたします。
回答 回答2
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2016-02-22 09:23:16
@オールオン4の場合は、清掃性を考慮して歯肉部を浮かして作ることが一般的です。
したがって口唇・頬をめくればインプラントの立ち上がり部分が見えることになります。

前歯人工歯だけであれば、歯肉の退縮度にもよりますが、相当浮き上がりますでしょう。
しかも連結部分の弱体化にに繋がります。



A人工歯部分の材料と作り方で変わってきます。

義歯用の人工歯を使う方法、CADCAMによる全部をジルコニアでする方法では白くすることが出来たでしょう。
金額との兼ね合いはコメントできません。


これを見ている方たちにも知っておいてもらいたいのですが、普通に総義歯を制作して、その、床部分をインプラントにも咬合力を負担させたり、動揺を抑えたりするする、オーバーデンチュァーという方法があるということです。
はるかに低いFeeで出来るはずです。




タイトル 上顎オールオン4ブリッジ。右1番裏の欠けとインプラントが見えること
質問者 gururiさん
地域 非公開
年齢 41歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ インプラント治療法
インプラントに関するトラブル
ブリッジに関するトラブル
総入れ歯のトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日