第一小臼歯、ハイブリッドセラミッククラウンとセラミックの差について

相談者: さくらなみ★さん (29歳:女性)
投稿日時:2016-03-06 22:58:26
こんにちは!

どうしたら良いのかわからないので相談させて下さい。

第一小臼歯虫歯でダメになり、神経をぬき、ファイバーコアの土台をいれました。

次は被せ物をするのですが、先生からセラミッククラウンを勧められました。

値段を聞いてかなり驚き、その下のハイブリットセラミッククラウンにしようとしたのですが、まだ若いのでセラミッククラウンにしたほうが良いのではと言われました。

もしセラミッククラウンにせずにハイブリットセラミッククラウンにした場合、かなり差は出るものなのでしょうか。

金額が高いのですぐに決められずにその日は帰ってきました。

ハイブリットセラミッククラウンにしようとすると、先生が不満そうにされていたので、あまりよくないものなのか気になりまして、、


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-03-07 07:25:56
おはようございます。

全部被覆冠ならセラミッククラウンのほうが耐久性が優れているのでいいと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-03-07 11:09:12
>まだ若いのでセラミッククラウンにしたほうが良いのでは

これ、意味不明です。

その医院で行っている”セラミッククラウン”なるものがどういうクラウンなのか詳しくわからないので、これについては書けませんが、”ハイブリッドセラミッククラウン”に関して書きますと、素材はプラスチックです。

プラスチックの樹脂の中に、ガラスやジルコニアの小さな粉末を混ぜ込んで強度を上げたプラスチックがハイブリッドセラミッククラウンです。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2016-03-07 11:34:55
こんにちは。

ハイブリッドクラウンは所詮樹脂ですから、セラミッククラウンとは素材が異なります。

またセラミッククラウンにも細かい素材特性が異なるものがありますが、一般の方にはわかりにくいでしょう。

また素材だけの問題ではなく、それを作製する過程の使用材料や技術力はまちまちです。


出来ればちょっと費用が高くても歯科医が進める素材にしておかれると、その歯科医院で最高の仕事をしてもらえてよいのではないかと考えますが、いかがでしょう?

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 第一小臼歯、ハイブリッドセラミッククラウンとセラミックの差について
質問者 さくらなみ★さん
地域 東京23区
年齢 29歳
性別 女性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ ハイブリッドセラミッククラウン
オールセラミック(陶器の被せ物)
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日