歯周病薬品に関して

相談者: きむゆうさん (28歳:男性)
投稿日時:2016-03-18 11:24:13
調べていたのですが、歯周病薬品には、ポケットタイプと塗布タイプがあると思うのですが、

【ポケット】
ペリオフィール歯科用軟膏2%
ペリオクリン歯科用軟膏

【塗布】
ヒノポロン口腔用軟膏
テトラサイクリン塩酸塩パスタ 3%
テトラサイクリン・プレステロン歯科用軟膏

上記のような製品に細かい使い分け、成分の違い等は、あるのでしょうか?
宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-03-18 11:34:54
こんにちは。

歯周病に使う薬品ですが個人的には役に立たないと考えています、歯周病の原因は歯に付着したプラークですからそれを歯肉を傷めずにとれば歯槽骨の吸収が酷くない限り自然治癒力で治ってきます。

歯周病 http://www.yamadashika.jp/perio.html
ブラッシングの威力 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=182

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-03-18 11:55:26
あくまで、通常の歯周治療の補助として使用されるものだと思いますよ。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2016-03-18 12:56:23
きむゆうさん、こんにちは。

臨床研究では、どの薬も、使っても使わなくても治りにはほとんど影響ありません。
私なら、治りが同じなら薬は使いたくないですね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2016-03-19 11:32:35
現時点ではこの手の薬品を使うメリットはあまりないように思います。
科学的な根拠の議論になると、ここでは語り尽くせないので、省略します。

ただし、専門家に中にはこういったものがお好きな方がいますので、意見が分かれるということを知った上で使うのであれば、構わないと思います。

お大事にどうぞ。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2016-03-19 12:19:03
きむゆうさんこんにちは。

歯周病薬品良く調べられましたね。

シリンジタイプのペリオフィール歯科用軟膏とペリオクリン歯科用軟膏、そして塗布タイプのテトラサイクリン塩酸塩パスタとテトラサイクリン・プレステロン歯科用軟膏などがあると思いますが、基本はテトラサイクリン系の抗生剤が入っています。

この抗生剤の効果を期待して使用することになると思います。
シリンジタイプは歯科医院で注入され使用されることが多く、一方の
塗布タイプはご家庭でも(ご自身で)使用できるタイプになり、処方も可能です。

抗生剤の種類はどれが好きなどは先生の好みもあると考えられますが、基本テトラサイクリン系なので添加物の差によて若干選択が先生によって変わってくるかもしれませんね。

ただし、諸先生方がおっしゃるようにあまり頻繁に使うものではないと思いますので、日常使用したいと思うのであれば、根本的な歯周治療が必要な状態なのではないかと心配になりますね。

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2016-03-20 00:25:12
主成分(抗菌剤)が

ペリオクリン:ミノサイクリン
ヒノポロン:ヒノキチオール
テトラサイクリン:テトラサイクリン

ですかね。


急性症状があるときに使うと良く効く印象があり、個人的には時々使用します。(ドライソケットなんかのときにも使いやすいです。)

効き目に関してはそれほど差はないかもしれません。
使いやすさもそれほど変わらないような気がします。

ポケット内に入れてしまったほうが効き目としてはあると思いますが、患者さんにはシリンジごと渡せないので、その場合は軟膏になるかと思います。




タイトル 歯周病薬品に関して
質問者 きむゆうさん
地域 東京23区
年齢 28歳
性別 男性
職業 自営業・フリーランス
カテゴリ 歯周病(歯槽膿漏)治療
歯科治療用の薬
薬による歯周病(歯槽膿漏)治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日