上前歯1番、再根管治療の翌日にまた膿んでしまいました

相談者: おかたつさん (27歳:男性)
投稿日時:2016-03-25 01:34:47
こんにちは。
歯の神経をとった歯の根管治療についてです。

先日、5、6年前に神経を抜いた上前歯(1番)の上の歯茎に膿ができたので、再度根管治療をしてもらったのですが、翌日にまた膿んでしまいました。

@
薬を入れたので治療の続きは1週間以上後と言われたのですが、この場合なるべくはやくに再度見てもらったほうがいいのでしょうか?

A
まだ治療は1回目なのですが、他の根管治療に力を入れている歯医者へ行くべきなのか悩んでいます。
一ヶ月くらい同じ病院で治療をし様子を見てからのほうがいいのでしょうか?

B
また近所の歯医者に根管治療時にニッケルチタンファイルを使用しているところがあるのですが、使用しなかった場合と治療と治療費にどの程度差がでるのでしょうか?


回答よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-03-25 08:01:32
おかたつ さん、こんにちは。

@自身の判断で様子をみたり、また、受診するのではなく、今朝のうちにでも、経過や現状について伝え、指示を仰いでみてはいかがでしょう。


A少しでも治療の精度を上げることを考えるのでしたら、単に転院を検討するのではなく、自費での受診になるかとは思いますが、歯内療法だけを専門に診ている歯科医院で相談してみてはと思います。


B何を使うかではなく、誰が、どう使うかの方が大事ですね。

参考⇒根管治療に使用するファイルの種類について

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: おかたつさん
返信日時:2016-03-25 17:04:46
小林先生、回答ありがとうございました。



タイトル 上前歯1番、再根管治療の翌日にまた膿んでしまいました
質問者 おかたつさん
地域 非公開
年齢 27歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療に関するトラブル
材料・機材関連
歯茎の婁孔(ろうこう・フィステル)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日