右上1番、神経が死んだ後の前歯の治療について

相談者: Jamieさん (30歳:男性)
投稿日時:2016-03-31 22:04:30
こんにちは。

中学時代、部活で前歯(右上1番、以下前歯)が折れた(曲がった)のですが、当時の歯医者さんは神経は死んでいないので、歯を元の位置に戻すという治療をしていただきました。

現在30歳になるまで、不自由なかったのですが、前歯の歯茎に膿がたまるようになり、歯医者に行ったところその前歯の神経が死んでおり、そこに膿がたまったとのことでした。

最初の治療は、前歯の裏に穴をあけて膿を取り除いて塞ぐ、膿が止まるまでこの治療を2週間ほど繰り返し行いました。

今回ご相談したいのはこの後の治療方法についてです。

歯医者さんいわく、膿が止まった後の次の治療としては、神経が死んだ前歯を削って小さくし、被せるというものでした。
放っておくとその前歯が折れる可能性があるため、上記の治療が必要とのことでした。

素人の考えとしては、神経が死んでいるとは言え、せっかく自前の前歯があるのにそれをわざわざ小さく削り、なにかを被せるという治療行為に少し抵抗があります。

可能性として、自前の歯を生かした解決法や、自前の歯で毎日の生活を過ごすことは難しいのでしょうか。

前歯ということもあり、削らずに自前の歯を大切にできないかと考えています。

以上になります。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-04-01 08:43:33
ご相談ありがとうございます。

>可能性として、自前の歯を生かした解決法や、自前の歯で毎日の生活を過ごすことは難しいのでしょうか。

条件が揃っていれば、それは可能です。
裏の穴だけをしっかり接着式に詰め物をする方法です。

ただそれで終了ではなく、経過観察が必要です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Jamieさん
返信日時:2016-04-01 12:09:38
さがらさま

こんにちは、ご回答ありがとうございます。

歯の神経が無くなることによって、折れやすくなったり、黒ずんできたり、そのままでいることにやはり不安ではあるのですが、ご教示いただいた「接着式」と「詰め物」をキーワードに調べてみることにします。

ありがとうございました。



タイトル 右上1番、神経が死んだ後の前歯の治療について
質問者 Jamieさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日