根管治療の回数と治療後のクラウンについて (ニュージーランド)

相談者: ninanzさん (42歳:女性)
投稿日時:2016-05-20 05:09:41
ニュージーランド在住です。

2週間程前に、歯茎が腫れているのに気づき、痛みはなかったのですが歯医者に行きました。

レントゲンを撮ってみると、右上6番の歯に黒い影が写っているので根管治療が必要とのこと。
根が3本あるのと先端が曲がっていて複雑なので、スペシャリストの先生(Endodontist)を紹介されました。


先日そのスペシャリストの先生とのカウンセリングがあり、治療方法や費用などの説明を受けました。

- マイクロスコープラバーダムを使用し根管治療&パーマネントフィリングを詰めてくれるとのこと。($2500)
- 治療回数は1回(3時間から3時間30分)
- 治療後12か月後のチェックアップで問題がなければクラウンを通常通っている歯科医で作る(別料金 $1500)


そこで、質問なのですが


1. 1回の治療で根管治療が完了することは可能ですか?
  (通常2-3回が一般的なようなので)

2. 12か月後にクラウンをつけるまで、フィリングだけで大丈夫なのでしょうか?強度が心配です。

3. 痛みがほとんどない場合でもレントゲンで写った黒い影がある限り根管治療は必須なのでしょうか?

4. この様な根の状況だと、やはり専門医ではないと治療が難しいのでしょうか?



ちなみに右上6番の歯は、以前虫歯の治療をしましたが根管治療は初めてです。

今の所、抜歯という選択肢はなく治療する方向でいますが治療費がとても高額なので、すべてを納得した上で治療に臨みたいと思っております。


お忙しい所、大変申し訳ございませんが先生方のご意見を頂戴出来ればと思っております。
宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-05-20 08:30:32
ご相談ありがとうございます。

>1. 1回の治療で根管治療が完了することは可能ですか?

状況によっては可能です。
根管を開けるということは、体の中と直結することと同じです。
少ないほうが有利です。

たとえば、お腹は皮膚で内部が守られていますが、治療でお腹を切開した時には内部が外と直結して危険ですから、何回も開けたくありませんよね。
根管も同じで、歯のエナメル質がお腹の皮と同じ働きをしております。

できるだけ開けている回数は減らしたほうが安全です。


>(通常2-3回が一般的なようなので)

私もほとんど2回位です。
条件が良ければ1回で終わらせることもありますが、病気を広げたくない症例の場合はあえて2回にしています。


>2. 12か月後にクラウンをつけるまで、フィリングだけで大丈夫なのでしょうか?強度が心配です。

個人差があります。
強度に問題があれば仮歯にしておくことが可能です。

いずれにしても、しっかり噛めるようにしておくことが非常に重要です。


>3. 痛みがほとんどない場合でもレントゲンで写った黒い影がある限り根管治療は必須なのでしょうか?

個人差や程度問題です。


歯茎が腫れている

これは病気が拡大していることを暗示していますから、ふつうは必須となります。
ただ、痛くないから治療したくない、という理由でしない選択肢もありえます。
そのリスクの覚悟は必要です。


>4. この様な根の状況だと、やはり専門医ではないと治療が難しいのでしょうか?

ベストチョイスだと思います。


>治療費がとても高額なので、

ふつうか、安い方だと思います。
もしかして、高く感じられる理由は、日本の保険治療と比較しているのでしょうか。

日本の保険治療は、異常に低額治療費の労働を医院に強制しているだけです。

そのツケは、患者さんが保険治療を受けただいぶ後になって、歯を失うかもしれないほど健康状態が悪化することで、ご自身の心身を削って支払うという、とんでもないことになっています。

それに慣れて、おかしいと考えることもなく、何も疑問を感じられていない人がほとんどです。
それは世界の非常識と言われる部分です。


>すべてを納得した上で治療に臨みたいと思っております。

大事です。
すべて理解していただけると良い結果となりえます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-05-20 16:35:25
12ヶ月間も様子をみられるのであれば、『コアを作成して、仮歯を入れておく』方がよいような気もします。
専門医・かかりつけ医とご相談ください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ninanzさん
返信日時:2016-05-20 19:54:21
さがら先生、藤森先生
早速のご回答ありがとうございます。

カウンセリング後に、上記の質問(1&2)を専門医の先生に電話をして聞いた所、特に問題はないとのことでした。
ただ受付の方を通しての質問&回答だったのと私の英語力の問題もあって少し不安に感じていました。

今回、先生方のアドバイスを頂いて、ここ数日もやもやとした気分が晴れ、治療を前向きに考えることができました。
先ほど、治療の予約を入れました。
仮歯」の件については、専門医&かかりつけの先生に相談してみようと思います。


お忙しい中、ご回答いただき本当にありがとうございました。



タイトル 根管治療の回数と治療後のクラウンについて (ニュージーランド)
質問者 ninanzさん
地域 海外
年齢 42歳
性別 女性
職業 自営業・フリーランス
カテゴリ 根管治療の治療法
ニュージーランド
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日