根管開放中の痛みと、抜髄後の治療の痛みについて

相談者: おなつさん (21歳:女性)
投稿日時:2016-05-24 23:10:42
こんばんは、夜遅くにすみません。
よろしくお願い致します。

先日、こちらで根管治療中の痛みについてご相談させて頂きました。
その節は大変お世話になり、ありがとうございました。

先日、その事で掛かり付けの歯医者さんに相談したところ排膿が出来ていないための痛みだと言う事で根管開放をして頂きました。

それから痛みはこの前に比べ大部引きましたがまだ歯茎の部分が痛み、違和感があります。

また、1年ほど前に抜髄をして薬を詰めて貰っていた時細長い器具(リーマー?)を使用していた時に歯に器具が入ってくる違和感と強い痛みがありました。

  
そこで、今回お聞きしたいのは

・根管開放中にまだ痛みのある場合は蓋を出来ないのか。

・抜髄後の歯にリーマー等を使い治療している時に痛みが出るのは異常かまた、その場合は麻酔を使用してもらえるのか。

の2つです。

明日が歯医者さんの予約の日なのですが、先程こちらの掲示板で根管開放中は菌が入ってくるという記事を読み少し不安になりました。

明日まで待てば良いだろうという話なのですが、何分心配性なものでこちらにご相談させて頂きました。

長い文章と勝手な質問で大変申し訳ございませんが、ご回答頂ければと思います。
よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-05-24 23:21:35
おなつ さんこんばんは

根管開放中にまだ痛みのある場合は蓋を出来ないのか。

開放するのは、膿などがドクドクと出ていて蓋をすると、再び圧が高まり痛みが出る場合にごく短期間に行うものです。(現在歯内療法学会では推奨されていません)

膿や出血などがない状態で開放すれば根管内に色々なものが入りますので、2次感染を起こす可能性があります。
残念ですがあまり、おすすめできる治療法ではありません。


>・抜髄後の歯にリーマー等を使い治療している時に痛みが出るのは異常かまた、その場合は麻酔を使用してもらえるのか。

考えられるのは、神経が残っているのか、それとも横穴が空いてしまっているのかなどありますがどれかはわかりませんね。
どうしても痛みがあるのであれば麻酔をしていただくのが良いと思います。

ただ、マイクロスコープなどで確認できれば多くの場合痛みの原因がわかりますので麻酔もなく、痛みもごくわずかで治療をする事が可能です。

お大事にどうぞ

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: おなつさん
返信日時:2016-05-24 23:38:51
水川先生

遅い時間にも関わらず、丁寧なご回答ありがとうございます。

根管開放が現在推奨されていないという事でとても残念です。
もっと早くにその事を知っていればと思いましたが、そこまで歯を粗末にしていた自分が一番悪いですね…。
 
レントゲンで見たときは膿はそれほど多くなかったのですが二次感染は出来るだけ、というかすごく避けたいのですがその為に明日歯医者さんへ伝えておいた方が良いこと等はあるのでしょうか??(例えば現在の症状の事など)


度々の質問で申し訳ございませんが、お時間に余裕がありましたらご回答よろしくお願い致します。

治療中の痛みについてのご回答もとても分かりやすく納得出来ました。
明日歯医者さんに、以前の治療で痛みがあったことを伝えてみようと思います。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-05-25 12:25:38
根管開放が現在推奨されていないという事でとても残念です。

それは歯内療法の先生が、痛みや腫れの緩和をさほど重要視していないからですよ。

外科的には開放を推奨しないということはないです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: おなつさん
返信日時:2016-05-30 11:26:52
水川先生、森川先生
お忙しい中でのご回答、ありがとうございました。

不安だったので先生方のご回答を頂き、とても安心しました。
また、何かありましたらよろしくお願い致します。
ありがとうございました。



タイトル 根管開放中の痛みと、抜髄後の治療の痛みについて
質問者 おなつさん
地域 非公開
年齢 21歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
根管治療の治療法
根管治療中の痛み
根管開放(J-OPEN)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中