根管治療後の被せ物、抜歯の費用を安く抑えたい(金属アレルギー)

相談者: みみんがさん (20歳:女性)
投稿日時:2016-07-05 05:50:41
こんにちは。
20代学生です。

現在、左上2番の根管治療を進めているのですが、金属アレルギーである旨を伝えたところ、オールセラミックが一番おすすめで、費用がおよそ16万円であると言われ、とても戸惑っています。

また、両下7番も欠損しており、こちらは抜歯になるそうですが、費用がとても不安です。

学生であるため、経済的に余裕があるとはとても言えず、最悪前歯だけは多少違和感のある色になっても構わないので、できればもっと費用を抑えたいです。

16万という大金を用意するのはとても難しいため、それに、奥歯の治療の費用についてはまだ何も聞かされておらず、きちんと治療を終えることができるのか、毎日不安な日々を送っています。

なにか良い治療法があれば、ご紹介いただけると嬉しいです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-07-05 08:24:14
みみんが さんおはようございます。

金属アレルギーである旨を伝えたところ

なんの金属に対してのアレルギーでしょうか?
もしもきちんと調べられていないのであれば、調べられるのが良いかと思います。

>最悪前歯だけは多少違和感のある色になっても構わないので、できればもっと費用を抑えたいです

あまりお勧めできませんが、セラミックでないとするとハイブリットのものなどで治療をすれば、多少は安いかもしれませんね。
ただ、おかかりの医院さんで対応されているかですね。

>それに、奥歯の治療の費用についてはまだ何も聞かされておらず

保険の範囲内の抜歯であれば数千円程度ではないでしょうか?

>毎日不安な日々を送っています。

わからないことがあれば、直接担当の先生にお聞きになられるのが一番かと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-07-05 08:34:42
確かに、おるセラミックであればアレルギーへの心配はかなり少なくなるでしょう。


費用の問題なら、分割でのお支払が可能かどうか先生にお伺いされてはいかがでしょうか。

保険の範囲での治療では、レジンジャケット冠は金属を使ってはいませんが、かみ合わせで割れてしまうことも考えられますので、担当の先生が進められないのでしたら難しいかもしれませんね。

どの金属にアレルギーがあるのかを、ご自身で詳しく知って入ればその金属を使わない。
という方法もできるかもしれませんね。

7番の抜歯に関して、抜歯だけなら通常は保険の給付で賄えると思います。
不要に関しても3割負担で3000円程度で済むと思います。

その後の治療まで考えると、保険内の治療ではブリッジにしても義歯にしても金属を使う可能性が高いでしょう。

ただ、欠損補綴をしないという経過も考えられますよ。

ご参考まで。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2016-07-05 21:47:52
水川先生、水澤先生が書かれたように、まず皮膚科か内科で歯科金属アレルギーの検査が必要だと思います。
歯科用に使われる金属は何種類かありますが、アレルギーが出やすいニッケルやクロムを含まない合金もあると思います。

根管治療中の2番ですが、歯質が残っていればレジン充填で終わらせる可能性もあると思います。

欠損した歯を抜歯することはありませんので、両下7番ですが歯冠部がほとんどなくなって歯根だけの状態なのではないでしょうか?
歯根だけでも保存して、クラウンをかぶせることができる場合があると思います。

ただ金や銀にアレルギーがあるとクラウンは使えなくなりますが、皮膚科等で歯科用金属アレルギーという診断がちゃんとついていて歯科への紹介状があれば、保険でもレジン系の非金属の被せ物を作ることができる歯科医院があると思います。




タイトル 根管治療後の被せ物、抜歯の費用を安く抑えたい(金属アレルギー)
質問者 みみんがさん
地域 非公開
年齢 20歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ クラウンの治療費・費用
歯科金属アレルギー
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日