治療時の説明不足でクラウンの素材を決められない

相談者: かなえママさん (50歳:女性)
投稿日時:2016-08-01 19:20:15
こんにちは

予防歯科予定で、新しい歯科に通い始めたら、複数の虫歯があるとのことで、治療をすることに。

クリーニングしていた箇所が、冷たい物でしみるようになって、そのしみると感じていた箇所は以前にかぶせた箇所の様で、そのかぶせた箇所が段差ができているので、はがして新しく被せをします、とのことで、右上5番目の歯辺りを処置。。

処置が始まったら、神経がやられています。
今までに神経を抜いたことは?と聞かれ、覚えもないので、たぶん抜いたことはないです。と、処置中に答えて、終わったら、

「今日は神経の消毒をしました。あと数回は消毒が必要です。」

と意味がわからなかったのですが、神経を抜く処置がはじまり、その後、歯の土台臼歯のかぶせものの紙を渡され、保険適用外のものをおすすめします。といわれ、値段をみて、驚き。

土台は、ファイバーポスト(白)15000円、かぶせは上記記載の3種類で、55000〜115000円で、値段に驚き55000円を選ぼうとしたら、それよりは95000円が良いと言われ、考えておいてくださいと言われ悩んでいます。

そのうち115000円のオール。。をオススメされるのかと思い始めています。


もちろん高価な材質の方が良いとは素人判断では思いますが、経年したときにどのようなメリット、デメリットがあるのでしょう?

歯には自信があったのに、こんなことになってしまうとは。。
まだ土台を入れた隣の歯が黒く虫歯になっているので、削ってプラスチックで埋めてから、隣の歯の仮ふたをします。と。

歯と歯の間ですので、削ってプラスチック埋めるしか方法がないのか?
いわゆるフッ素を塗る等の対処法はないのだろうか?と。

すぐに削ることにも疑問を持ってしまいます。
その後(私にとっては高価な)かぶせものをすることになりますが、となりのプラスチックで埋めた箇所は大丈夫なのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-08-01 19:47:18
>意味がわからなかったのですが、神経を抜く処置がはじまり、その後、歯の土台臼歯のかぶせものの紙を渡され、 保険適用外のものをおすすめします。といわれ

個人的には患者さんが理解されないまま治療を進めるような歯医者さんでは。(特に自費治療を)今後も任せられるかどうか不安のように感じますが…。


少なくとも

「こうこうこういう状態なので神経治療が必要です」
「神経治療後、こういう状態になるのでかぶせモノが必要です」
「その場合、保険ではこう言ったもの、保険外ではこう言ったものがあり、それぞれのメリットデメリットはこうです」

くらいの説明があってしかるべきかと思います。


>削ってプラスチックで埋めてから、隣の歯の仮ふたをします。と

これも「どういった状態で、なぜプラスチックで埋める必要があるのか」くらいの説明はあっても良いかと思います。


確かに保険診療では「時間との闘い」と言う面がありますので、本当に納得できるような説明時間を確保するのは難しいかもしれませんが、少なくとも、自費のものを勧めるのであれば、それ相応の時間の確保をしてもらうのスジかと思います。
(たとえ、それが自費の契約にならなかったとしても)

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2016-08-02 12:23:32
こんにちは。

個人的には大切な歯の神経を流れ作業のような治療で処置される歯科医院はあまりお勧めではないような気がします。

せっかく高額な自費治療をされるのでしたらしっかり説明してもらえる歯科医院で納得されたうえで選択されたほうがよいような気がします。




ハイブリッドはベースが樹脂ですから冠としてのグレードは低いです。
セラミックがよいと思いますが、場合によってはメタルでもよいかもしれません。
(色は銀色ですが保険適用です)

材質によって違いは大きいのですがその違いをうまく出そうと思えば削り方や型どりを最適にしておくほうがよいでしょう。
せっかく土台も作るのですからそういうことが考慮されているのか?いないのか?説明が不足した流れ作業のような治療だと、ご不安になられるのはしょうがないですよね。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: かなえママさん
返信日時:2016-08-02 19:04:11
櫻井先生、Dr.ふなちゃん先生、ご回答下さり有難うございます

そして、ご回答支持の渡辺先生ありがとうございます。


今の歯科医院は初診時以降から、時間との闘いの空気を感じていて、担当医の性格かな?とは感じていましたが。。歯科医院選びが、いかに大事か!を気付かせていただきましたが、現状で他院へうつれるものでしょうか?
いわゆるカルテやレントゲン等どうすれば。。?


現状とは、支台(歯の土台)を、ファイバーポストで入れた状態です。
仮歯は次回だと思いますが、被せは、まだまだ先ですから、ゆっくり考えて下さいといわれています。

通常仮歯から上記の3種類のかぶせものまではどのくらいの日数、診療回数がかかるのでしょう?
その仮歯の時にとなりの虫歯も。。と言われました


今週末予約しているけど、咳が出ているので、行けるかどうか?です
あれこれすみません。



タイトル 治療時の説明不足でクラウンの素材を決められない
質問者 かなえママさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯医者への不満・グチ
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日