右下6番根管治療後、将来矯正したい場合の冠の素材について

相談者: きりとうさん (18歳:女性)
投稿日時:2016-08-05 18:57:25
今、根管治療をしています。
右下6番目の歯です。
根管治療といっても、もう終わる段階にきていて、最後に被せものをどうするかという話をしています。

セラミックの被せものをしようと思っていたのですが、私ができるセラミックの厚さが1mmしかなく、1.5mmはほしい欲しいと言われました。
というのも、私の根管治療の原因は歯並びの悪さで、矯正をしたほうがいいと言われています。
だから付けてもすぐ割れる可能性があると言われました。

将来矯正をするのなら、仮歯銀歯か白いやつ?)で様子を見て矯正したほうがいいとのことなんですが、正直銀歯はつけたくないし…かといって白いやつも早く磨り減ってしまえば何千円がパーになるし…。
という心境です。


銀歯の方が強度があると言われたので一応銀歯にするつもりなのですが、セラミックで被せをして終わったほうがいいのか、仮歯にしたらいいのかどっちが良かったのでしょうか。
仮歯がいいなら、白か銀かどっちがいいのでしょうか。

矯正に関しては5年か10年はお金のことがありできません。


回答お願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-08-05 19:01:28
矯正に関しては5年か10年はお金のことがありできません。

であれば、保険の銀歯でとりあえず経過を見るというのが一般的のような気がします。

1〜2年後に矯正治療を開始できるのであれば「白い仮歯」と言う選択肢もアリだと思いますが…。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: きりとうさん
返信日時:2016-08-11 10:35:36
回答ありがとうございます。

一応、銀歯のままで様子を見ようかと思います。
ありがとうございました。



タイトル 右下6番根管治療後、将来矯正したい場合の冠の素材について
質問者 きりとうさん
地域 非公開
年齢 18歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保険のクラウン(奥歯:銀歯)
オールセラミック(陶器の被せ物)
歯列矯正の治療法
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日