[写真あり] 口元の突出をなくしたい(米国)

相談者: iichiko27さん (25歳:女性)
投稿日時:2016-09-21 16:09:03
北米在住です。

1年前に日本で矯正を終え、歯はきれいに並んでいますが、口元の突出が気になり、2度目の矯正をすることにしました。

相談に行くと1件目では気にすることないと断られ、2件目では、抜歯をすると奥に行き過ぎるので、非抜歯で一本一本歯を削り、そのスペースを使って奥に入れていくような事を言われました。

その時点では納得しましたが、その後ネットで調べると、北米は基本抜歯をしない、非抜歯では3mm位しか動かないと知り、抜歯の方がよかったのではと思っています。

私の場合抜歯か非抜歯どちらが向いているか、画像等で判断できればご教示いただきたいです。
また、非抜歯で実際どの位動くのでしょうか。

歯の幅は1本7mm位、下顎が小さめ、親知らず抜歯済みです。
気になることは、口元の突出(きれいなEラインにしたい)、気を抜くと下唇が前に出ている、顎に梅干ができる、口角が下がっている事です。

読みにくい文章となってしまいましたが、よろしくお願いいたします。

画像1画像1 画像2画像2


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2016-09-21 16:19:21
こんにちは。

日本人の矯正治療のゴールは、白人の治療ゴールとは異なることが多いですから、日本で非抜歯矯正を行っても海外に行くと再矯正を希望したくなることはあるようですね。

元々下顎が前に発育できていないので、抜歯を行って臼歯をロスさせずに後方に引くと口腔容積が狭くなりましょうから、睡眠時にどうなるの?スリープスプリントを一生つけるの?というような問題になってくることもあるでしょう。

側貌だけを重視してしまうと舌の置き場が奥に引かれちゃいますから、健康的にならないのではないかな?と補綴の人間はそういうことをよく話したりします。

もちろん側貌重視の矯正歯科ではそういう方法はよくされますが。


成長終了してますから、顎の位置や舌の位置大きさなど気になることは山のようにあります。

正しい診断はセファロをとってもらったり、頚椎の状態を診てもらったリ顎関節の状態を診てもらったリ、気道のボリュームを診てもらったリ、様々な診断を受けて決められたほうがよいと思います。

様々な手技がありますから、審美的にも健康にもプラスという結論に至った歯科医によって、あなたの要望する治療法で行ってくれる歯科医も現れるでしょう。




タイトル [写真あり] 口元の突出をなくしたい(米国)
質問者 iichiko27さん
地域 非公開
年齢 25歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
その他(写真あり)
アメリカ(米国)
歯並び(歯ならび)その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日