根管治療した歯に違和感。仮止めのセラミックは作り直しか(授乳中)

相談者: わっきーぴよさん (27歳:女性)
投稿日時:2016-11-02 22:29:21
初めてまして。
2年程前に、上前歯1番2本と、下前歯1番2本と右2番、計5本をオールセラミックの治療をしました。

下の3本は本歯を入れて、本着していますが、上の歯2本は、本歯を仮止め状態です。

2年前の治療当時、下の歯の治療を完了させた後、上の歯の治療を始めて、噛み合わせや気になることがないか様子を見ましょうとのことで、本歯を仮止めのところまで治療をしました。

神経の治療の際、上の左の歯が、神経をとったはずなのに痛くて、鼻の下を押したら痛みがありましたので、その事を伝え

「まだ神経が残ってたみたい。」

と言って後日治療してもらいました。

そして、固いものでコンコンと歯を叩かれ、痛いですか?と言われた時は痛く無かったので、そのまま治療を進めてもらいました。


それから、本歯を仮止めの状態までいったのですが、右の歯のセラミックの歯と歯茎の境目が黒くなっているのが気になったのと、左の歯はなんか違和感がありました。(痛くはないけど、ひびくような。)

黒くなっている所は、若干歯茎が腫れているので、腫れが引いて歯茎が下がれば目立たなくなるかもとのこと、左の違和感については、神経の治療をしているので多少の違和感はあるとの説明を受けました。

さらに、仮止めの状態でもう少し様子見ましょうとのことで、しばらくたっても気になるようであればまたセラミック歯を作り直しますとのことでした。


しかし、本歯ができるまでの仮歯がすごいひどく、(紙粘土をくっ付けてるような)また暫くその仮歯で過ごすのが嫌で、結婚式などの予定もあったのでその審美歯科に中々行けず、何ヶ月もたってしまい、そのままずっと行けずになっています。

黒くなっているのは、見慣れたせいかあまり気にならなく、ひびくような違和感については、痛みはないし、仮止めでも取れたりしていないのでそのままにしていました。


しかし、1週間ほど前から上左の違和感がある歯が、また鼻の下を押すと痛みが出てきました。

実は先々月に出産したのですが、妊娠や出産が影響していますか?
もしくは、神経の根の治療がまだ完治していなく再発してしまったのでしょうか?


いずれにせよ、根管治療をしないといけないのでその審美歯科に行こうと思うのですが、授乳中の場合でも麻酔や薬などの影響は大丈夫でしょうか?

また、治療方法として、セラミック歯はまた作り直しになりますでしょうか?
仮止めの場合、それを壊さずにハズして治療し、また付け直すというようなことはできないのでしょうか?

セラミック歯の保証については、契約書など貰っていなく分かりませんので、作り直しの場合また高額になるのを避けたいです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-11-03 11:09:31
わっきーぴよさまこんにちは。

文面から推測すると根管治療がうまく行っていないように思います。
もう一度調べてもらって原因をを特定したほうがいいと思います、特定できなければ治療は始まりません。


>神経の根の治療がまだ完治していなく再発してしまったのでしょうか?

その可能性が高そうです。


授乳中の場合でも麻酔や薬などの影響は大丈夫でしょうか?

メリットとデメリットとを秤にかけて判断することになると思いますが個人的には感染根管なら治療したほうがいいと思います。


>仮止めの場合、それを壊さずにハズして治療し、また付け直すというようなことはできないのでしょうか?

おそらく難しいと思いますまた壊してしまえば作り直しになります。

先ずは鼻下部の圧痛の原因を特定して感染根管なら再治療することをお勧めいたします。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: わっきーぴよさん
返信日時:2016-11-09 14:25:30
山田先生回答ありがとうございます。

お返事が遅くなり申し訳ありません。

やはり当時の根管治療がうまくいっていない可能性が高いんですね…
中々歯科に行く時間がないのですが、早めに時間を見つけて行きたいと思います。

>メリットとデメリットとを秤にかけて判断することになると思いますが個人的には感染根管なら治療したほうがいいと思います。

メリット、デメリットとは具体的にどのようなことでしょうか?(><)



タイトル 根管治療した歯に違和感。仮止めのセラミックは作り直しか(授乳中)
質問者 わっきーぴよさん
地域 非公開
年齢 27歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療後の痛み
オールセラミック(陶器の被せ物)
クラウンの作り直し・再治療
授乳中の歯科治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日