左上6番と左下8番の激しい痛み、様子見ととりあえずの処置が多い

相談者: show06さん (33歳:男性)
投稿日時:2016-12-02 13:02:44
初めて投稿いたします。
お世話になります。


現在各箇所の虫歯治療のため歯科に通院中です。
どうしても痛い所があり、今後の対応についてご相談したく、投稿いたしました。


【現在の状況】
1.左下8番ですが、穴があいていて、素人目で見ても虫歯とわかるものです。
先日、悶絶する程痛くて口もあまりあけれないような状態だったので、予約時間を前倒しで見ていただいたところ「炎症を起こしている」との診断を受けました。
  
この歯は顎の神経(?)が絡んでいるとの事で、

抜歯するなら大学病院などで行っていただく事になるかと思います。」

と以前言われました。
今回は

「炎症が治まれば、痛みも収まるかもしれないから、とりあえず仮詰めだけしておきます。」

とのことで、仮詰め後に抗生剤とロキソニンをいただきました。
結果、日中の痛みは当初よりだいぶやわらぎました。



2.先述のロキソニンを朝昼晩の食後に飲んで10日になりますが、効きが悪くなっているのか、症状が悪くなっているのか、ここ3日くらい左上6番が常時痛い状態です。

ロキソニンについては当初は5日分いただいていましたが、薬が切れると左下8番がどうしても痛むので、追加で薬だけ頂戴しにうかがいました。
 
また、この歯は2ヶ月ほど前からじんわりとした痛みがあり、その旨を伝えたところ、レントゲン撮影などをしていただき、

「虫歯では無いのでとりあえず様子見しましょう」

と言われたものです。
ちなみに歯の状態としては、治療して銀歯を埋めていますが、神経は残っていると聞いています。


毎回歯科に行くたび、少しずつ痛みが酷くなってきている事は伝えておりますが、

「う〜ん。そうですか〜。」

と流されてしまいます。
歯ぎしりが原因であるかもしれないとも言われました。

ここ3日間は夜中に上記2本の歯の痛みで目が覚め、その後は痛みが続き朝まで眠れない日が続いています。
やはり先生のおっしゃるように夜間の歯ぎしりも原因なのだろうと思っています。

しかし、夜間の歯ぎしりについては小さいときからの私の癖のようで、急にこのような事になったことは疑問です。




【質問内容】
個人的な考えですが、左下8番は仮詰めしてもその場しのぎで何の解決にもならないと思うのですが、炎症が治まってから治療したほうが良いなどの理由があるのでしょうか?

そのような説明は受けていませんので、急に予約前倒しで行った事が原因で簡単に急ぎの処置をされただけなのではないかと、今になって不安に思います。


また、左上3番については痛みを一刻も早く無くしてしまいたいのですが、神経を抜く以外に何か方法があるでしょうか?
寝不足で辛くなっており、これがこの先も続くと考えるとかなりキツイです。
できれば神経を抜いてもらって楽になりたいのですが、素人がそのようなお願いするのは不躾でしょうか。


また、全体を通して「とりあえず◯◯」「様子見」といった事が多い気がするのですが、このような対応はごく普通のものなのでしょうか?

先生も助手の方も、受付の方もとても素晴らしい応対をしていただき、すごく気持ちの良い歯医者さんだなと思っておりましたが、処置内容があまり適切でないようであれば、歯科を変えたほうがいいのかなとも考えております。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2016-12-02 15:02:54
炎症が治まってから治療したほうが良いなどの理由があるのでしょうか?

炎症を起こしていると麻酔が効き難いからではないでしょうか。



>左上3番については痛みを一刻も早く無くしてしまいたいのですが、神経を抜く以外に何か方法があるでしょうか?

いきなり3番が出てきましたが6番の間違いでしょうか?
一般論として歯髄が不可逆的な炎症を起こしているのなら抜髄以外は無いと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: show06さん
返信日時:2016-12-02 15:54:22
細見先生

お忙しい中ご回答ありがとうございました。

おっしゃる通り左上3番は左上6番の間違いでした。
ややこしくしてしまい、申し訳ございませんでした。

やはり、どうしても痛いので神経を抜いて貰うようお願いしてみようと思います。
ありがとうございました。



タイトル 左上6番と左下8番の激しい痛み、様子見ととりあえずの処置が多い
質問者 show06さん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、知覚過敏の痛み
親知らずの抜歯
親知らずの痛み
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日