[写真あり] 顎関節症と診断、今後の歯科矯正と手術希望について

相談者: もこもこたんさん (22歳:女性)
投稿日時:2016-12-04 00:51:40
上の3番が下までうまく生えておらず、噛み合わせも悪く顎の痛みや頭痛などで顎関節症と診断されています。

既に上記の痛みなど日常生活に支障があるので顎関節症と歯科矯正はもちろん、顎後退がものすごくコンプレックスなのでそちらも治したいです。


顎関節症の下顎を前に出す手術を希望なのですが、現在通院中の医師からはマウスピースを作ってもらったのみです。
そして

「手術なんて大層なことをしなくて大丈夫」

だと励まされるばかりで、正直モヤモヤしています。
今後いろんな病院に足を運ぶつもりですが、中々忙しく時間ばかり過ぎてしまっているのが現状です。


・歯科矯正で顎を手前に出すことは可能と言われたのですが、ここまでの顎後退は本当に軽減されるのでしょうか?

・顎関節症手術は腫れが永久に残ること以外のリスクはあるのか?

・手術後に元の顎後退に戻ることはあるのか?


主に質問内容はこの3つです。
写真も添付しましたのでどうかご回答よろしくお願い致します。
汚いものをお見せしてすみません。
今は歯茎の状態も悪いのでそちらをまず治しています。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-12-04 07:01:32
>上記の痛みなど日常生活に支障があるので顎関節症歯科矯正はもちろん、顎後退がものすごくコンプレックスなのでそちらも治したいです

「今後いろんな病院に足を運ぶつもりです」とのことですが、通院が大変かもしれませんが、顎関節症診療センターとか、顎関節治療部とかを謳っている部門がある歯学部の付属病院に、足を運んでみてはいかがでしょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-12-04 12:19:56
おそらく、担当の先生以外にとっては『マウスピース矯正治療のみによって、顎後退を満足される状態にまで改善する』ことは難しいと思いますよ。

回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2016-12-05 12:27:04
一般的な矯正歯科(日本矯正歯科学会の専門医制度などがわかりやすくあります)での矯正治療の対象だと思います。

精密な検査を行ってもらい顎が異常に後退していて手術の対象と判断されれば、外科矯正ということになり保険が適用されて入院費等入れても80万円程度ではないかと思います。


横顔の改善を希望されないのであれば抜歯矯正でも歯並びを改善して機能を更新することは可能だと思います。

非抜歯も可能な場合もあると思いますが治療計画は無理ないものでしてもらっておくとよいでしょう。


ご本人が歯並びを変える必要性を感じられないならば顎関節に負担が来ている噛み合わせの問題を和らげるためにスプリント療法というのはよく行われていると思います。



>・歯科矯正で顎を手前に出すことは可能と言われたのですが、ここまでの顎後退は本当に軽減されるのでしょうか?

スプリント療法は見た目を変えるためのものではないと思います。
噛みあわせが悪くて顎を後方へほんの少し押し込んでいる力関係を変える時間を長くしてあげることで、顎関節周囲や頭頚部の筋の過緊張をリラックスさせる目的で作る装置だと思います。


>・顎関節症手術は腫れが永久に残ること以外のリスクはあるのか?

顎関節症手術をお勧めされているのですか?
大学病院などの大きな施設でも診断してもらうのもよいかもしれませんね。


>・手術後に元の顎後退に戻ることはあるのか?

かみ合わせに問題があるので顎だけで治療してもまた問題が生じることは考えられると思います。
ただし、担当医の診断を覆すものではありません。




タイトル [写真あり] 顎関節症と診断、今後の歯科矯正と手術希望について
質問者 もこもこたんさん
地域 東京23区
年齢 22歳
性別 女性
職業 大学生・短大生・専門学生
カテゴリ 歯列矯正の治療法
顎関節症
その他(写真あり)
外科矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日