前歯の根管治療、マイクロスコープとラバーダムを使用する有効性

相談者: yukajiさん (30歳:女性)
投稿日時:2016-12-14 22:02:23
こんばんは。
前歯根管治療について質問させてください。

10年前に上下左右1番2番の計8本を審美の為にオールセラミックにしました。
(就職活動の際に歯並び矯正には時間がかかる為)
神経は残し、歯を削ってオールセラミックを入れています。


8月頃に上の右1番2番がとても痛く、鼻の下に違和感もあり、自宅近くの歯科に行きました。
レントゲンを撮ったところ、神経がダメになってるかもしれないが分からないので様子を見ようと言われ、1カ月ほど右上1番にフッ素を塗ってもらっていたのですが、痛みがなくなったので受診を終了と言われました。

11月半ばにまた鼻の下に違和感があり、右上の1番の根辺りにフィステルができた為、違う歯科に変わり受診すると、右上の1番2番に膿がたまっているのが分かり、現在セラミックの後ろに穴を開けて、根管治療をしています。

次回で7回目の根管治療になりますが、フィステルがなかなか消えません。


前歯であることと、母がインプラントで失敗をしている為、絶対に抜歯だけは避けたいと思っています。

自分で色々調べてみると、根管治療を専門としている歯科があり、ラバーダムマイクロスコープを使用するとより良い根管治療ができること、根管治療は1回目の処置がとても重要で歯の寿命を左右するということが分かりました。


そこで質問です。現在、通っている歯科はラバーダムやマイクロスコープといった機器がありません。
今からでもこの様な機器を持っている歯科に変わることは有意義でしょうか?

再発を防いで、できる限り抜歯は避けたいです。
転院する方が良いのであれば転院を考えています。


また、今回オールセラミックにした8本のうち2本の神経がダメになってしまったのですが、残りの6本も神経がダメになってしまうのでしょうか?

若気の至りで何も考えずにオールセラミックにしてしまったことをとても後悔しており、残された自分の歯を大切に大切にしたいと心から思っています。
お忙しいところ、たいへん申し訳ありませんが、ご回答の程よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-12-14 22:55:19
根管治療専門であれば今の歯科医院から転院する価値があると思います。

自費での根管治療と根管治療専門での根管治療は違うと思います。
良く調べてから転院されてください。


セラミックを外さずに治療するメリットとデメリットがあります。
メリットは途中まで仮歯にする必要がないとか仮封しやすいなどがあります。
デメリットはセラミックと歯質の間に虫歯があったりするとそこからリークしやすいと思います。

4人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yukajiさん
返信日時:2016-12-15 01:00:27
柴田先生

早速お返事をいただきましてありがとうございます。
先生の歯科医院のホームページを先程拝見させていただきました。

インターネットで根管治療専門の病院を探しているのですが、値段もピンからキリまであり、「根管治療専門」と書いてあるところとそうでないところがあります。
「根管治療専門」と書いていなくても、先生の歯科医院の様に「ラバーダムマイクロスコープを使用する」との記載があれば、根管治療を得意としていると考えてもよいのでしょうか??

どうぞよろしくお願いいたします。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2016-12-15 08:01:22
マイクロスコープラバーダムを使うから成功率が上がる」といったデータが広まっていますが、それは真実とは言い切れません。

同じ患者の同じ歯を2通りや3通りの治療方法で治療をすることができればその差は明らかになるのですが、そのようなことができないので確固たる確証を得るほどの差はわかりません。



しかし

ラバーダムやマイクロスコープを用いる治療は”手間がかかる治療”です。
その手間のかかる治療を行うということは、より一層 ”丁寧な”治療を実現することにつながります。

成功率が数字としてどの程度上がるのかは断言できませんが、ほんの数パーセントでも成功率を上げるために手間のかかる治療を実践する、その姿勢こそ非常に重要です。

120点を求めてもなかなか100点は取れないのです。

最初から80点を目指すような治療では100点は絶対取れません

5人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2016-12-15 13:00:58
「もしかして標準的な保険治療以下かも、、」と思われるような根管治療ケースに今年出会いました。
自費マイクロスコープを使用されたそうです。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2016-12-15 13:22:52
その医療機関では全く保険診療を行わない
その歯科医根管治療しかしない

以上2点が当てはまれば値段ではなくて選択するべき歯科医院だと思います。


藤森先生も書かれましたが自費の根管治療だからといって質が担保されているわけではありません。
保険外の材料例えばMTAを少しでも使えば保険の根管治療にはならないと思います。


当院のHP見てもらいありがとうございます。
ただ少し誤解があると思います。

>先生の歯科医院の様に「ラバーダムマイクロスコープを使用する」との記載があれば

マイクロスコープはほぼ100%使いますがラバーは下顎大臼歯でラバーダムクランプを掛けられる症例だけです。

又使うと書いてあっても使ってもらえなかったという相談もチラホラあると思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2016-12-15 14:12:55
yukaji さんこんにちは

根管治療を専門としている歯科があり、ラバーダムマイクロスコープを使用するとより良い根管治療ができる

確かにそうかもしれませんが、根管治療が得意な先生が使用するとより良い治療ができます。
または、マイクロスコープを使い慣れて根管治療にも力を入れている先生が治療をするから良い結果が得られるのです。

ラバーや、マイクロスコープが治療をしてくれるわけではありませんし、最新の機器が治療をするわけではありません。その当たりをよく吟味されてください。

良い歯医者さんに出会えると良いですね。


>残りの6本も神経がダメになってしまうのでしょうか?

残念ですが同じような治療をされたのであれば全てではないですがその可能性はありますね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: yukajiさん
返信日時:2016-12-17 20:52:41
高田先生 藤森先生 柴田先生 水川先生

返信が遅くて申し訳ありません。
設備もそうですが、良い先生と出会うことが大事なのですね。
なかなか難しいですね。
探してみます!


お忙しいところ、お時間頂戴しましてありがとうございました。



タイトル 前歯の根管治療、マイクロスコープとラバーダムを使用する有効性
質問者 yukajiさん
地域 東京23区
年齢 30歳
性別 女性
職業 主婦
カテゴリ 根管治療の治療法
ラバーダム
マイクロスコープ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日