3週間前に虫歯を削り、翌週に詰め物。食事の際、冷温痛がまだある

相談者: むしば係さん (27歳:女性)
投稿日時:2016-12-27 12:31:47
一ヶ月程前から、右上顎6番と、7番(神経を抜いてあり治療終了済)あたりが痛くて噛めなくなった為歯医者へ。
レントゲン撮影をすると、7番には異常なし、6番には食べカスが詰まり虫歯があるとの事。
麻酔をしないと削れず...削り終わった後は型を取り、仮の詰め物をして帰りました。
結構削った様でした。
麻酔が切れてからは、熱い物と冷たいものがしみました。

1週間後、出来上がった冠を被せて帰宅。

いま二週間程経ちますが、未だに熱い冷たいものがしみます。
何もしていなければ痛みはありません。
あまりに沁みるようなら神経の治療をと言われています。
が、以前、虫歯と無縁だと思っていたらある日突然激しい痛みに襲われ、即神経を抜く事になった事がある為、またあんな痛みが突然来たら...と怖くて...

熱いものや冷たいものが沁みるのは、もう少し様子を見るべきなのですよね?
ただ、あの日の痛みに襲われるのでは?と思うと...いっそ神経を取ってしまいたくなります。

こういった治療をしていても、ある日突然神経に達して、痛む事はありますか?
また、それのリスクがあるとしてもやはり、三ヶ月は様子を見るべきですか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-12-27 12:58:43
むしば係さん、こんにちは。

虫歯の治療後から熱いもの冷たいものが染みてしまうとのことですね。

実際にお口の中を拝見していないので、一般的な回答となってしまいますが・・・

一般的に詰め物は歯よりも熱を通しやすいです。
(温冷問わず)

その為、Set後は一時的にそういった症状が出てしまうことがあります。

基本的には一時的なものですので次第に治まっていくはずですが、悪化するようであれば神経を取る必要があります。

恐らくここら辺は担当の先生からお話があったかと思いますが・・・


>ある日突然神経に達して、痛む事はありますか?

痛みがある歯を安静にせずに敢えて刺激を与えたり、歯を削った時の熱の刺激が原因で神経にどうしようもないダメージが生じることはあります。
その場合は強い痛みが出てしまう事があります。


>また、それのリスクがあるとしてもやはり、三ヶ月は様子を見るべきですか?

基本的に神経を抜くのは最終手段と思ってください。
神経を抜くというのは後々のトラブルの原因になりますし、歯を失ってしまう原因の一つにもなり得る為です。
染みの症状が強すぎて日常生活に支障が出るとかであれば、仕方ないかとは思いますが、なるべく抜かないことをお勧めします。




タイトル 3週間前に虫歯を削り、翌週に詰め物。食事の際、冷温痛がまだある
質問者 むしば係さん
地域 非公開
年齢 27歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療後の痛み
むし歯 治療後の痛み
詰め物、インレー治療後の痛み
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日