インレーだと思っていたらクラウンだった。治療途中で転院したい

相談者: ローストビーフさん (47歳:男性)
投稿日時:2017-01-25 10:00:18
こんにちは

右下6番の虫歯の治療中です。

残念ながら抜髄根幹治療となったのですが、補綴の段階になってトラブルが発生しました。

最初は「次回、型をとって詰め物します」のようなことをいわれ、どのような詰め物があるのかなど説明なしで帰されました。
(ここでの具体的な説明内容はうろ覚えです)
鏡で見ると周囲(3方)に歯が残っていたので、インレーかなと思っていました。

次回の治療のときに、セレックやゴールドなどのよりよい補綴方法を検討したいというと時間を割いて説明してくれました。
説明を受けたうえでセレックを選んだのですが、削られて気が付くとクラウンの治療になっていました。

自分はインレーの説明かと思っていたのですが、今にして思えば先生はクラウンの説明をされていたようです。

しかし、インレーよりたくさん削る必要がある治療だとか、クラウンという言葉すら出てこなかったので、最後までインレーだと信じていました。
自分はなるべく自分の歯を残したいと思っていましたので、削られたとわかったときはショックでした。

削れば削るほど儲かりますので、先生の頭の中の治療方針にインセンティブが働いたのでは?との疑念もあります。
(先生が経営者の場合、患者と病院経営に対しての利益相反の問題があると思いますが、これは永遠の課題でしょうか・・・。)

ファイバーコアの型を取ってはいるのですが(ファイバーコアがクラウンでの治療という説明もありませんでした)、もうこの病院で治療を続けたくありません。


この段階で転院するのは問題ないでしょうか?

何か注意することはありますでしょうか?

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-01-25 10:06:28
そうですね…

これは双方のコミュニケーションの取り方に問題があったように思います。


>この段階で転院するのは問題ないでしょうか?
>何か注意することはありますでしょうか?

自費での治療になると思うので、治療費に関してはクリアにされておかれた方がよろしいかと思います。

転院自体は特に問題があるとは思いません。

次はしっかりコミュニケーションが取れる歯医者さんで治療を継続されることをお勧めいたします。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ローストビーフさん
返信日時:2017-01-25 10:59:33
櫻井先生
さっそくのお返事ありがとうございました。

こちらも「自分の歯はなるべく残したい」と、しっかり言っておけばよかったのかもしれません。
セレックインレーがどれほどぴったりするのか、楽しみにしていたのに残念です)

余計に削られたうえに費用も余計にかかるようになってしまい、二重にショックでした。
伺ったところは保険診療も自由診療もやっているクリニックでしたので、先生は説明に時間はかけてくれたのですが、なんども患者かけもちで中座していました。

自由診療を受けるなら、櫻井先生のような自由診療専門のクリニックか
予約にしっかり時間を取ってくれるところがいいんでしょうね。

ありがとうございました。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ローストビーフさん
返信日時:2017-01-25 14:38:35
新しい歯科医を探すにあたって、このサイトの他の質問も調べてみました。
こちらの質問の回答が非常に参考になりました。

参考⇒自分に合った歯医者選びについて

櫻井先生をはじめ、回答されている先生方、このサイトの運営者の方々に感謝いたします。
ありがとうございました。
(質問者のいいねボタンがあるといいですね)



タイトル インレーだと思っていたらクラウンだった。治療途中で転院したい
質問者 ローストビーフさん
地域 非公開
年齢 47歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯医者への不信感
歯医者への不満・グチ
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日