歯科で痛み止めと化膿止めを処方されたが授乳に影響は?

相談者: しままさん (18歳:女性)
投稿日時:2017-01-27 15:45:44
麻酔をして歯を抜歯した後化膿止めと痛み止めを処方されたのですが授乳しても大丈夫でしょうか?

治療をしてくれた歯医者さんに聞いたら明日からと言われたのですが、生後13日目の娘は哺乳瓶拒否をしてしまい完母でやってきたためミルクを飲んでくれません。

薬の名前は
化膿止めが『セフカペンピボキシル』100mg
痛み止めが『カロナール』300mg
です。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-01-27 19:44:52
しままさん、こんにちは。

麻酔をして歯を抜歯した後化膿止めと痛み止めを処方されたのですが授乳しても大丈夫でしょうか?

そうですね。
いろんな種類のお薬がありますが、ほとんどのお薬は母乳中に移行すると言われていますが、その量は非常に少ないく、乳児に問題にならないことが殆どと言われています。

ただし、産科の先生の考え方などによっても変わるかもしれませんので、

「上記の薬剤を出されたが、服用しても大丈夫か。」

と担当の産科の先生にご確認いただいた方が良いかもしれませんね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-01-27 21:43:32
一応次のリンクをお読みくださいね。

* http://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/druglist.html

フロモックスとカロナールですね。
フロモックスは第三世代のセフェム系の構成物質だと思います。

カロナールは小児の適応がある鎮痛剤だと思います。


母乳への移行に関しては三木先生が回答されていますね。

2人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 歯科で痛み止めと化膿止めを処方されたが授乳に影響は?
質問者 しままさん
地域 非公開
年齢 18歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 痛み止め・鎮痛剤・抗炎症薬
抗生剤(抗生物質)・化膿止め
授乳中の歯科治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日