左下6番の根の治療をしたようだが今の状況がよく判らない

相談者: コジコジさん (27歳:女性)
投稿日時:2017-01-31 06:53:47
初めて相談させていただきます。
宜しくお願い致します。


約2〜3年前に硬いものを噛んだときに左下6番が割れてしまいました。
当時訳あってすぐにかかりつけに行くことができず違うところに行き治療してもらいました。
その際痛みが取れず最終的に根っこの治療をしたと思います。
そこの先生は

奥歯はまだ若いからすぐに抜きたくない。
腫れて膿が出るけど我慢できないくらい痛みがでるまで使いましょう」

との事で今まで腫れや膿やズンズンした痛みと共に生活してきました。
抜いた後はブリッヂだと言われていました。



最近ようやくかかりつけの歯医者に行ったのですが、遂に今日はその左下6番の治療をしようと言われ、ブリッヂを覚悟していました。
そしたらブリッヂではないとのこと。
しかし詳しい治療の説明はなしでした。銀歯を外して削っていたようで抜いたのかはわかりません…

とりあえず治療が終わって歯を見たら左下6番は抜いたように平らになっていて何か詰め物で白くなっています。
今日はこれで終わりか聞いたら

「心寂しいだろうけど根っこの掃除?治療を何回かしたらかぶせるから」

だけ言われました。


ブリッヂじゃなくてかぶせるってインプラント?一本の義歯
と色々心配になっています。


うまく歯の状態を説明できず申し訳ございません。


今の状態からどんな治療方法の可能性があるかおしえていただきたいです。
今の状態から歯がなさそうなのに銀歯は入れられないですよね?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-01-31 07:26:35
コジコジさん、こんにちは。
治療中の歯の状況に関して、不安があるということですね。


実際に診ていないので何とも言えませんが、歯の根は残っているようなので、根の治療をし、土台をつくって、かぶせものをする予定なのかもしれません。

あくまで推測なので、かかりつけ医に、現状と今後の見通しについて、よく説明してもらうことをおすすめします。

ご参考までに。




タイトル 左下6番の根の治療をしたようだが今の状況がよく判らない
質問者 コジコジさん
地域 非公開
年齢 27歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日