痛みはないが2年近く良くならない再根管治療の今後について

相談者: みやもっちゃんさん (34歳:女性)
投稿日時:2017-02-05 15:01:14
昨年末、大学病院口腔内全体のレントゲンを撮ったところ、以前根管治療した歯の根に小さい病巣が見つかり、その根には奥まで薬が入っていませんでした。
痛みは全くなかったのですが、私が再治療を希望した為、現在コアまで取って仮ふたをしています。

2年近く大学病院の歯内治療科でマイクロやラバーダムを使って別の歯を根管治療してきましたが、全く良くならない為、もう大学病院では治療をしたくないと思っています。

開業医で自費で根管治療をしていらっしゃる上手な先生を見つけ、その先生もラバーダムやマイクロを使います。

ただ病巣も小さく、痛みもない歯なので自費でする程なのかなとも思っています。
再根管治療なので、残ってる歯質もそれなりに薄いです。
いろんなところにインフォームドコンセントに行きましたが、ラバーダムは唾液を入らないようにすれば、いらない。
マイクロなんて拡大鏡を使ってるからいらない。
とかいろんな先生がいます。

自費じゃなくても再根管治療の成功率は変わらないのでしょうか。
ただ開業医に保険内でやられると、時間に追われて治療が雑になりそうで怖いです


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-02-05 18:36:50
レントゲンで影があったからといってそこに病変が存在するとはいえないと思います。
過去のレントゲン例えば五年前のレントゲンと比較したり、その歯の治療歴や打診痛などの臨床症状によって判断する必要があると思います。

つまり過去のレントゲンにはなかった影ができてきていれば、要治療ですし小さくなっていれば治癒傾向にあると言えると思います。

また成功率はラバーとかマイクロとかよりも術者=歯科医の腕やポリシーという面の方が強いと思います。
自費根管治療は誰でもできると思います。
保険では使えない材料を使うだけですから。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 痛みはないが2年近く良くならない再根管治療の今後について
質問者 みやもっちゃんさん
地域 非公開
年齢 34歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の失敗・再治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日