右上5番、抜髄とその後の処置について

相談者: あつ15さん (35歳:男性)
投稿日時:2017-02-16 22:50:06
右上5番の歯を抜髄しました。


そこで質問なのですが、

@回数を時間について

初診で虫歯が神経に達しているかもしれなので神経をぬいていくとの事で、削り、抜髄をしました。(約10分)
その後、2回目に根の治療パノラマレントゲン約10分、3回目に根の治療と虫歯削り後、型取りをしました。(約5分(型取り時間除く))
とても速く感じるのですが、診断、処置の時間として標準でしょうか?

A削りについて

表面は全く虫歯ではなくても、表面の高さも半分くらいに削るのは仕方ないのでしょうか?
治療前も痛みもなく、それほどひどい虫歯だとは思っていなかってのですが、薄くとても小さくなってしまっていました。。
せめて表面はできるだけでも自分の歯を残したかったと思うのですが

B型取り後の処置について

金属の台座を入れる、その上に被せ物をするので型取りをしていくと言われたのですが、台座や被せ物の材質等の説明、選択肢は提示されませんでした。

・型取りしたと言う事は、次回来院時には台座は出来上がっているのでしょうか?
保険内での治療になり、選択肢はないということでしょうか?
(こちらの掲示板を拝見すると様々な種類がある様なのですが・・)

・或いは、次回来院時に希望の種類(保険or自費等も)を尋ねられるのでしょうか?

・又、被せ物は台座を装着後、製作なのでしょうか?
それとも、次回来院時には台座、被せ物共にできあがっているのでしょうか?

・選択肢を提示されなかった場合の一般的に考えられる種類としては、保険適用のメタルコア+白い被せになるのでしょうか?

・長い目でみての、おすすめの組み合わせがあれば教えて頂きたいです。

・今後の処置としては、一般的に台座の装着→被せの装着という具合にあと2回程の処置となるのでしょうか?

C
型取りをしてしまっているので、転院はよくないと思うのですが
やはり避けるべきでしょうか?

(人格が良くなくても、歯にとって最善の治療で技術が確かであればそれでよいのですが、何点か気になる点もあり、又、処置について説明もほぼなく、痛みを訴えたり質問等すると不機嫌になる為、抵抗があります。
空いていて待ち時間もなく、時間的な負担の面では助かるのですが)


よくない質問になってしまいましたが、ご教示願います。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-02-17 01:15:34
当院の場合だと、生きている神経を抜くことはありません。

神経を守るために、手術用顕微鏡(マイクロスコープ)で覗きながら余分に削らない様気を遣い、むし歯の削合だけで30分ぐらいかかることが多いです。

慎重に削った結果神経が露出してしまっても、特殊な材料を使うなどして神経は守ります。

仮に神経は抜かざるを得なくなったとして、処置時間は1回90分で数回かかります。

神経処置が終わったら仮歯の状態で3ヶ月待って、CTで神経治療が上手く行ったことを最終確認してそれから型取りをする・・という流れになりますが、これは当院が自由診療自費治療)専門だからです。

費用は神経を残してむし歯治療だけなら数万円ですが、神経を抜いて土台、かぶせ物と進めば数十万円頂戴しています。

治療内容について理想を求めると多少の差はあっても大体上記の様な流れになるかとは思うのですが、保険治療の場合は公的なお金を使っている以上、どうしても効率重視になります。

あつ15さんの受けた治療は保険治療であれば特別違和感のない、一般的な流れだと思いますよ。(説明が少なく、スピードは早めな印象は受けますが・・)



ご納得は行かないかも知れませんが、保険医療機関を保険証を持って受診されれば保険治療希望と取られておかしくありませんし、保険医療機関側が自費治療の説明をする責任も全くありません。。



ただ今後のことが大切ですので、今後の流れについてですが、前回型取りをしたということは次回はおそらく金属の土台メタルコア)が出来上がってくると思います。
お察しの通りでおそらくあと2回で終了です。

メタルコアを入れてから自費クラウンを、という流れはルール上出来ませんので、自費治療を希望する場合は土台を作る前に申し出るべきです。
というか珍しいぐらいにここまで徹底して説明なしに保険治療で進める歯科医院ですから、自費治療は滅多にしていないはずです。

保険医療機関での自費治療は多いところでも人数ベースで半分もしているところはまずないので、自費治療希望でしたら数は非常に少ないですが出来れば自費治療専門の医院の方が個人的には安心だと思います。

保険治療で良ければこのまま治療を進めてもらったらいいと思いますし、自費治療が希望でしたら転院をお勧めします。

保険治療なら接遇や混み具合はマチマチとしても医療水準としてはどこでも大差ありませんし、自費治療の場合はピンキリになるので、必ずしもどちらかが良い、ということは言いにくいですね。



あまりお役に立てる回答ではなかったかも知れませんが、お大事にしてください。




タイトル 右上5番、抜髄とその後の処置について
質問者 あつ15さん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
歯医者への不信感
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日