左下親知らず、炎症している時の抜歯について

相談者: ゆうとっとさん (17歳:男性)
投稿日時:2017-03-01 17:54:26
お世話になります。

現在、左下8番の親知らずが若干歯茎から出ている状況です。

その中で、左上8番の親知らずが通常よりも長く生えてきてしまったために、左下8番の親知らずの歯肉と頬を噛んでしまっています。

腫れと痛みはリンパまで拡がっていて、唾液の嚥下だけでもかなりの痛みがあります。

化膿止めも処方されていますが、この際抜歯をしてしまいたいです。

炎症しているなかの抜歯はやはり良くないでしょうか。

ご回答お願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-03-01 17:57:06
炎症しているなかの抜歯はやはり良くないでしょうか。

炎症の程度にも依りますが、「腫れと痛みはリンパまで拡がっていて、唾液の嚥下だけでもかなりの痛みがあります」というのでしたら、一般的に鑑みると、無理は禁物のように思います。

担当医に、保護者の方から質問なさってみてはと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-03-01 17:59:41
ゆうとっとさん、こんにちは

そうですね。

お気持ちはわからなくもないのですが、嚥下痛まで出ているということはかなり炎症が広がっている可能性があります。

その場合、一番の問題は麻酔が効きにくいということです。

親知らずを抜いている時に痛いのはつらいですよね。

担当の先生とよく相談してみてください。

お大事にしてください。




タイトル 左下親知らず、炎症している時の抜歯について
質問者 ゆうとっとさん
地域 非公開
年齢 17歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:8番(第三大臼歯、親知らず)
親知らずの抜歯
親知らずの痛み
水平埋伏知歯(横向きに骨に埋まった親知らず)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日