根管治療、ラバーダムのみ使用の医院VS顕微鏡のみ使用の医院

相談者: のぶよしさん (39歳:男性)
投稿日時:2017-03-02 12:17:44
はじめまして、質問をさせて頂きます。

現在、左上の4番および5番の神経を抜いていてプラスチックの仮歯がついている状態です。
今後、精密な根幹治療をしてもらったうえでオールセラミックに変えたいと思っています。

そこで

1.マイクロスコープ(もしくは拡大鏡)を使用している
2.ラバーダムを使用している
3.日本歯内療法学会の認定医である

の3つの条件を基に医院を探しているのですが3番の条件を満たす医院は家の近くに見つからず1番または2番のいずれかを満たす医院がいくつか見つかりました。

そこで、先生方に質問です。

以下の2つの医院の場合。
どちらの方が、根管治療がうまくいく可能性が高いでしょうか?

1.マイクロスコープのみを使用している
(ラバーダムは使用していない)

2.ラバーダムのみを使用している。
(マイクロスコープは使用していない)


※該当医院の根幹治療の実績はHPでは判断できませんでした。

お手数ですが、ご回答頂けると助かります。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-03-02 12:27:01
こんにちは。

どちらを優先するかと言えばラバーダムは使っていないのでマイクロスコープということにはなりますがもっと大切なのは個人的には術者の腕と熱意だと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-03-02 12:43:04
のぶよしさん、こんにちは。

根管治療がうまくいく可能性が高いでしょうか?

先生の考え方によっても変わってきますね。
私としては、山田先生とは逆で、根管治療においてどちらが優先順位が高いかというとラバーダムかと思います。

ただ、私も「術者の腕と治療に対する熱意」の方が余程大事であると思います。

少し通院の範囲を伸ばして、歯内療法専門医の先生を探してみるもの一つの手かなと思います。

お大事になさって下さい。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2017-03-02 12:55:44
根管治療がうまくいく可能性が高いでしょうか?

という事で、優先順位をつけるとすれば

1.日本歯内療法学会の認定医である
2.ラバーダムを使用している
3.マイクロスコープ(もしくは拡大鏡)を使用している

という事になるかと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2017-03-02 19:16:40
治療時間をどれ程確保してもらえるかも大きなポイントに思えます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 根管治療、ラバーダムのみ使用の医院VS顕微鏡のみ使用の医院
質問者 のぶよしさん
地域 非公開
年齢 39歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
ラバーダム
マイクロスコープ
歯医者さんの探し方・見つけ方
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日