頬が腫れて上顎洞炎との診断、銀歯を外してもらったが鈍痛が続く

相談者: みやみや1112さん (30歳:女性)
投稿日時:2017-04-06 01:44:09
ここ一年ぐらいで副鼻腔炎を繰り返していたところ、一昨日から上の奥歯が痛み始め、左の頬が腫れてます。
2週間ほど前に耳鼻科で副鼻腔炎の内服をもらい症状は落ち着いていました。

しかし一昨日から頬が腫れ、歯痛があったため昨日歯科を受診し、XP撮影にて上顎洞炎と診断されました。

上の奥歯に銀歯を被せていたのですが、それが原因だろうと銀歯を外したのですが、予想外に虫歯が進行していたみたいで歯に大きく穴を開けて自然に排膿するまで待ちましょうとそこで治療は終わりました。

しかし、出された内服は鎮痛剤のロキソニンだけで抗生物質の処方はなく顔の腫れはひかず、ロキソニンの効果は全くなく、ずっとズキズキと鈍痛が続きます。

一体これはいつまで続くのでしょうか?

一般的には抗生物質の処方があると思うのですが、なくていいのでしょうか?

歯科で処方されたロキソニンは3錠のみでもうすでに残1回分しかありません。
これでもダメなら再診したいのですが、昨日かかった歯科は休診日でやっていません。
他の歯科を探して行った方がいいのでしょうか…

ちなみに次回の受診日は10日後です

ご回答よろしくお願いします


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-04-06 07:02:28
>ここ一年ぐらいで副鼻腔炎を繰り返していた

耳鼻咽喉科では、左側の副鼻腔炎について、歯が原因と言われているのでしょうか。


銀歯を外したのですが、予想外に虫歯が進行していたみたいで歯に大きく穴を開けて自然に排膿するまで待ちましょうとそこで治療は終わりました。

どうでしょうね、抗菌剤の処方も無かったようですが、実際に排膿が認められたのでしょうか。

まずは、現状と今後の見通しについて、よく説明していただきましょう。


>他の歯科を探して行った方がいいのでしょうか…

もしも転院を検討するのでしたら、自費での受診になるかと思いますが、歯内療法だけを診ている歯科医院で相談なさってみるのも一法かと思います。

ご参考まで。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-04-06 09:23:16
みやみやさんこんにちは。

ここ一年ぐらいで副鼻腔炎を繰り返していたところ、一昨日から上の奥歯が痛み始め、左の頬が腫れているのですね。

2週間ほど前に耳鼻科で副鼻腔炎の内服をもらい症状は落ち着いていましたが、一昨日から頬が腫れ、歯痛があったため昨日歯科を受診し、XP撮影にて上顎洞炎と診断されましたのですね。

上の奥歯が原因だろうと銀歯を外したのですが、予想外に虫歯が進行していたようで、歯に大きく穴を開けて自然に排膿するまで待ちましょうとそこで治療は終ったのですね。

しかし、出された内服は鎮痛剤のロキソニンだけで抗生物質の処方はなく、顔の腫れはひかず、ずっとズキズキと鈍痛が続きこまっているのですね。


原因が上手く対応できないと痛みや腫れは続くかもしれないですね。
小林先生がおっしゃるように根の治療の専門医に相談することも良いとは思いますが、腫れが著しいのであれば、本日大学病院や大きな病院の口腔外科などで1度診てもらってはどうでしょうか?

必要あれば、切開排膿処置や点滴を受けるかもしれないですね。

お大事に。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 頬が腫れて上顎洞炎との診断、銀歯を外してもらったが鈍痛が続く
質問者 みやみや1112さん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療に関するトラブル
上顎洞炎(蓄膿症)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日