再根管治療での処置の最中にパーフォレーションが起きた?

相談者: ゆりな0918さん (32歳:女性)
投稿日時:2017-04-10 22:57:41
数年前神経抜いた左下7番が最近噛むと痛くなり自費マイクロスコープラバーダム使用)歯科に行きました。
レントゲンには膿は無く、薬も埋まってるとの事ですが詰め物と薬を除去して見てもらうと残髄1箇所あり、抜いてもらいました。
麻酔をしても痛みもありました。

新たに抜いた1箇所が数年前抜いた神経の2本の内の1本と奥で繋がってる且つ湾曲してると言われました。
だからなのか、治療後の写真を見るとその新たに抜いた1箇所と数年前抜いた1本の神経の間の歯を削ったそうで大きな1つの神経(アルファベットで言うとIみたいな形)にされました。

本日から再根管治療が始まったのですが、麻酔をしても前回抜髄した部分が痛みました。
治療後、先生が前回抜髄した神経と数年前抜いた神経を繋げた大きな神経(アルファベットIのような形)がパーフォレーションしてたのが噛むと痛みの原因だと言われました。

そこで疑問なのですが

1.初回の段階で残髄も昔の薬も除去したにも関わらずパーフォレーションが痛みの原因だと見てわからないのでしょうか?
初回と今日で先生の言ってる事が違うので、前回の抜髄時にパーフォレーションしたのではないかと思ってしまいます。
もしくは残髄ではなくて見間違えて穴を空けたから数年前の神経と繋げたのでしょうか。

2.文頭にも書きましたが数年前神経抜いていてここ最近急に噛むと痛みだしました。
パーフォレーションしていたならずっと痛いですよね?
数年痛くなかったのに急に痛くなるのでしょうか?
(付け加えると右側の虫歯治療を最近したので左側でずっと噛んで食事をしていました。それから痛みだしました)

ご回答お待ちしております。
宜しくお願い致します。


相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ゆりな0918さん
返信日時:2017-04-10 23:40:59
すみません。付け加えさせて下さい。

今日の治療でパーフォレーションの部分に微かな鮮明な出血がありましたが、MTAセメントで固められました。
大丈夫なんでしょうか…
回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-04-11 09:40:16
んんんん…

>1.

昨日、下顎7番の根管治療で治療を進めていったら(汚れを取っていったら)予想とは違うところに穴が開いていました。
まあ、その時は痛みは出なかったので、その穴自体、大した影響はないのだと思いますが…。

下顎7番の根管は複雑怪奇ですから、ある意味「何が起きても不思議はない」と言うのが正直な実感です。
(特にアジア系の女性は統計的にみて難しい根管形態が多いことがわかっています)


>治療後の写真を見るとその新たに抜いた1箇所と数年前抜いた1本の神経の間の歯を削ったそうで大きな1つの神経(アルファベットで言うとIみたいな形)にされました。

これができるって、結構、すごい事なんですよ。
(かなりマイクロを使いこなしていないと、普通、できない処置ですから)

そのように上手な先生の処置でもうまくいかなかったとなれば、抜歯も視野に入れた方が良いかもしれませんよ。

もし、うまくいったら感謝感謝ですね。


>2.

例えば、以前の治療で99%くらいパフォっていて、左側で咬むようになってとどめを刺してしまった…なんてことも考えられますよね…。



自費マイクロスコープラバーダム使用)歯科に行きました。

という事であれば、治療を録画されていれば映像で確認はできると思いますが…。

ただ、いずれにしても、下顎7番の治療は難しいです。(上顎7番もですが)

以前「それでも何とかしろ!アンタ自費医だろうが!責任をとれ!!」と患者さんにキレられたことがあります。
僕は心の中で「下顎7番を虫歯にした責任はアンタにあるんだろうが!」とつぶやくしかありませんでしたが…。




タイトル 再根管治療での処置の最中にパーフォレーションが起きた?
質問者 ゆりな0918さん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の失敗・再治療
根管治療の専門医
根管治療後の痛み
歯医者への不信感
根の穴・穿孔(パーフォレーション)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日