合わないセラミッククラウンを装着していたせいで痛むのか? (インド)

相談者: Alicebellaさん (32歳:女性)
投稿日時:2017-04-27 16:18:00
場所:インド在住で
治療中の歯:下の自分から右奥の歯、31(大二大臼歯)についてです。

発端:銀歯でのかぶせをインドでセラミックに交換する。

経過1:銀歯のかぶせを外したら、虫歯があり、除去。
歯型をとって、セラミックをはめる。

経過2:経過1のセラミックの横側の被せと歯肉に隙間があり、中の知覚過敏の歯に当たり、痛みが生じた為、新たなセラミッククラウンを作る。

経過3:2回目のセラミッククラウンをはめたが、高さや形自体に問題があったのか、(噛み合わせが悪く、食べ物を噛む時にかなりの痛みを感じ、何週間か様子を見た。
何回か高さ調整をしても、依然痛みが消えないので、3回目のクラウンに変更する決断。
レントゲンでルーツには何も影響がないので、歯の高さの問題だと言われる。

経過4:3回目のクラウンも結局、食べ物を噛む際に依然痛みがある。
(3回目のクラウンで痛みは一部になった。
おそらく、形や噛み合わせが良くなった様である。
2回目のクラウンの際は噛めない痛みだった為、もう片方で噛んでいた。)
何週間か使用していると、知覚過敏のサイドのギャップも歯肉が下にずれてているので、マッサージした方がいいと言われれる。

経過5:昨日。3回目のセラミックも取り除き、自分の歯のみで、噛んだ時に痛いか、冷たい、温かい食べ物を口に入れた時に痛いかなどの様子を見ることにしている。



現在の状況:

歯の一つのコーナーの部分を押すと痛みが強くあり、以前こんな痛みがあったかと疑問に思うほど。
もしかしたら、合わないクラウンを我慢してつけていたことが原因で、この痛みに辿り着いた可能性があるかも知りたいです。

爪で歯の表面を撫でると2箇所ほど痛みを感じる。
知覚過敏だと思いますが、どうでしょうか。

物を噛むと、やはり、歯の一部を押すと痛い場所からの痛みが響き、痛いです。

ルーツには原因がないと言われましたが、もし、自分の歯に痛みの原因があれば、(現状痛みがありますが、)この歯医者さんは、Root canalをする、つまり神経を抜くと言っております。


何回もの合わないクラウンを長期間我慢してつけていて、この痛み、結果になったのか?
そして、現状の痛みから何の原因が考えられるか?
今後の適切な処置は何なのか?
をどなたかご教示していただければ幸いです。


お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

追加:一応インドですが、欧米からの患者も見ているというお医者さんですので、最初は信頼しておりましたが、色々ありすぎて、参っております。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-04-27 19:45:23
歯科医師は一生懸命でも、なかなか結果が伴いにくいのかもしれませんね。
他に適当な医療機関を探すのは難しいでしょうか?

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-04-28 08:34:38
ご相談ありがとうございます。

>何回もの合わないクラウンを長期間我慢してつけていて、この痛み、結果になったのか?

残念ながらありえます。
歯の治療とは、良くなるメリット以外に必ずリスクを伴うからです。
また、治療を繰り返せばリスクが積み上がっていくことがふつうだからです。


>そして、現状の痛みから何の原因が考えられるか?

治療のリスクとは、削ることです。
また、形も噛み合わせも変わってしまいますから、自然な調和を取るには簡単ではないこともリスクです。

例えば、自然の歯には隙間はありませんから、被せ物を作るときにはできるだけ隙間を感じられないくらいにぴったりと作る必要があります。

また、奥歯は快適に食事で噛めるようにすることが、歯科治療の第一の目的です。
噛み合わせも自然に快適でないといけません。

これは治療精度がとても高くないと実現できません。
初めから噛めない歯は、その歯にも他の歯にも、また心身にもとても問題があります。


>今後の適切な処置は何なのか?

痛みを止めたいだけなのか、それともう一つご自分の歯を一生残したいのか、目的をきちんと決めましょう。

前者ならば、神経を取るという選択もあるかもしれません。
それでもダメなら歯を抜くという選択も提案されるかもしれません。
簡単です。

後者ならば、歯を残す原則を守りましょう。
1。削らない
2。神経を抜かない(大事な奥歯は決して抜かない)

そのためには、用心が必要です。
繊細で総合的な視野が必要な難しい治療です。

いきなり闇雲に作業をするのではなく、まず痛みの原因を突き止め、効果的と思える方法のみ実行し、余計なリスクを増やさない綿密な計画が必要です。


ちなみに、なんの工夫もなく、同じ過ちをくりかえす事は危険です。
歯の治療から離れて考えてみても、それが賢いこととは思えないでましょう。

一度立ち止まって、痛みの原因からきちんと向き直っていかれることをお勧めします。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Alicebellaさん
返信日時:2017-05-03 15:27:29
藤森先生、さがら先生

お忙しい中御丁寧にご連絡ありがとうございます。


セカンドオピニオンとして、違う歯医者さんに診てもらいました。
歯を、軽く叩いても神経が過敏になっているようで、このままだとセラミックを被せても痛みは消えないとも言われました。

最初の銀歯詰め物を外した時は何も痛みはありませんでしたが、フィットしないセラミッククラウンを何度も付け替えしたことが原因でしょうか?

合わないクラウンを変える際に何度も削ッった為だと思うと、気分的に本当に憂鬱です。


しかしながら、歯の過敏用の歯磨き粉をマッサージして(つけた時は痛みがありますが)、日によって敏感、痛み度合いが異なります。

時間をおいて様子を見たいのですが、滞在期間が限られているのと、この治療の後に、矯正をする予定なので、毎日、噛むときの不快な痛みを考えております。

今回、X-ray添付させていただきました。


再度、何かフィードバックいただけたら幸いです。
宜しくお願い致します。

画像1画像1



タイトル 合わないセラミッククラウンを装着していたせいで痛むのか? (インド)
質問者 Alicebellaさん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯科治療後の歯の痛み
クラウンを被せた後の痛み
インド
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日