癌治療でゾメタの点滴予定だが顎骨壊死が不安

相談者: ラピス20さん (50歳:女性)
投稿日時:2017-05-23 15:11:38
初めて、相談させていただきます。

84才の父、前立腺ガンで骨転移あり。
まだ痛みはありません。

泌尿器科で、今度ゾメタの点滴を始めたいので、歯医者に行ってくるよう言われました。

今回、2本歯を抜きましたが、

「まだ、根っこがでてグラグラしている歯があり、他の歯も全部動いている。
歯槽膿漏で膿がでているところもある。」

と言われましたが、ゾメタは使っても問題ないとのことでした。

このような状態でゾメタを使い、顎骨壊死をおこさないかたいへん不安に思っております。

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-05-23 20:19:47
ゾメタの添付文書を読む限りは歯科医として安全だとは言えないと思います。

参考
http://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00061273

膿が出ているような状態だと早めに抜歯しておいた方が安全だとは思います。

ただ抜歯により食べにくくなることは充分予想されますのでそこをどう回避するかは実際に口腔内を診察しないと判断できませんね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ラピス20さん
返信日時:2017-05-23 23:04:36
柴田先生、ご回答ありがとうございます。

歯科では、グラグラしているからと言って、全部抜くわけにもいかない、と言われました。

ここ数年、2年おき位に、歯を1〜2本ずつ抜いていたように思います。


自分が歯槽膿漏の経験がないため、初歩的な質問かもしれませんが、グラグラしている歯を動かなくするように何かできることはあるのでしょうか?

この年齢だと、それは難しいのでしょうか?



タイトル 癌治療でゾメタの点滴予定だが顎骨壊死が不安
質問者 ラピス20さん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ その他(その他)
薬剤その他
癌(抗がん剤服用中)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日