根管治療が終わったが、格安クラウンの歯科に転院してもよいか

相談者: トッティ10さん (38歳:男性)
投稿日時:2017-06-27 07:57:51
先日根管治療で、ラバーシート(無料)とマイクロスコープ
使って、取り残されていたリーマ(3ミリ)を5ヶ月掛かり除去し、インレーだった歯をクラウン様に一回り小さくしました

@私としては、穴は大きいですがインレーでやり直ししたかったのですが、お奨めではないといわれて、削られてしまいました
どの程度でインレーにするのでしょうか?

A銀歯セラミックでは、後々の問題で接着剤が、銀歯が劣化しやすく、セラミックは劣化しにくいのでセラミックが進められましたが銀歯とセラミックのクラウンでは、耐久性に違いはあるのですか?

B近所の歯医者で、オールジルコニア奥歯で32,000円でやっています。
自費治療推進運動とかかれて安いです、色を気にしなければ強度と耐久性は抜群らしいです。
治療途中ですが、移りたいんですがいかがでしょうか


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-06-27 08:45:42
ご相談ありがとうございます。

>@私としては、穴は大きいですがインレーでやり直ししたかったのですが、お奨めではないといわれて、削られてしまいました
>どの程度でインレーにするのでしょうか?

治療目的により決まります。
1.単なる痛み止めか、穴埋め
2.それと同時に、歯を失わないように守る

1番目は、お気軽、お手軽に決められます。
2番目の場合は複雑、かつ、かなり難しいので、診察・検査・診断の上で相談しながら決めていくことになります。


>A銀歯セラミックのクラウンでは、耐久性に違いはあるのですか?

銀歯といっても保険では種類がいくつもありますが、適切であれば物質の性質としては大きな違いはありません。

耐久性とは、お口の中に長く保っていられるか? ということであれば、素材の違いよりも、クラウンがその弱った歯をどれだけ守ってくれる性能がある治療内容かどうか?で決まります。


>B近所の歯医者で、オールジルコニア奥歯で32,000円でやっています。
自費治療推進運動とかかれて安いです、色を気にしなければ強度と耐久性は抜群らしいです。

素材だけの原価は数百円とか数千円でしょうから、他に技工士さんの手数料という原価はピンきりがあるとして、歯を物品販売と見ればそれでもありえるのかもしれません。
確かに強度は高い素材です。

逆に、かけがいのない7番という極めて治療の難しい歯を一生残そうと思えば、手間ヒマがとても大変です。
その手間ヒマをかけないことは大きな経費削減になります。
そうすればコンビニの物品販売のようにお手軽な価格となるのかもしれません。


>治療途中ですが、移りたいんですがいかがでしょうか?

ご自由に選択できます。




タイトル 根管治療が終わったが、格安クラウンの歯科に転院してもよいか
質問者 トッティ10さん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ オールセラミック(陶器の被せ物)
クラウンの治療費・費用
ジルコニアクラウン
根管治療後の詰め物・被せ物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日