再根管治療(自己負担)か歯根端切除術か?(イギリス)

相談者: Celesteさん (55歳:女性)
投稿日時:2017-07-18 18:25:42
数年前に右下4番の歯の根幹治療を受けたのですが充填剤が先端まで入っておらず、2ヶ月程前この部分が炎症を起こしました。
その時は抗生物質で治ったのですが、本格的な治療が必要となっています。

かかりつけ医から次の2通りの治療法の提案がありました。
ちなみに、最近の別の治療を受けた後、この歯のクラウン(多分ポスト有)が半分欠けてしまい、別途治療が必要になります。


1.別の歯科医院にてクラウン除去及びEndodontist(歯内治療医?)による再根管治療を受ける―かかりつけ医が紹介状を書いてくれます。:費用13万円程

 *完全自己負担の為、何か追加処置が必要になると、その都度1−2万円の費用発生。


2.総合病院の歯科にて歯根端切除術をする:費用 無料

  *国保の総合病院には一般医院では治療不可能な時のみ紹介をされ、専門医・各種治療機器が揃っています。
再根管治療は治療対象外です。
また、全治療が無償となるため、必要意外な事(例えばクラウン除去)は一切行われません。


とりあえず、2のオプションを検討するため、総合病院の医師の診察を受けたのですが、クラウン除去が必要になるので、歯根端切除術より再根管治療を受けた方が良いのではないか、また、4番の歯の近くに神経があるので、神経に傷がついた場合は(7-8%の確率)一生、唇に不快感(ピリピリ感又は感覚麻痺)が残る、との指摘があり、かかりつけ医と相談するように言われました。

これに対し、かかりつけ医は、クラウン除去は後で処置する、また神経に傷がつくかもしれないという危険性は歯根端切除術を受ける患者には前もって警告しておく事項で、心配する事は無い、との意見です。


現在、どちらの方法を選ぶか、迷っています。
今後別の奥歯2本分インプラント治療を予定しているので、費用面では歯根端切除術を選びたいのですが、神経に傷がはいり後遺症が出るかもしれない事を考えると不安になります。

アドバイスをいただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-07-18 18:44:10
NHSは、どこか日本の治療レベルと似通った面があるそうですね。

さて、現状は判りませんが、歯根端切除術の成功のためには、根管治療があるレベル以上に施されている方がよいと思いますよ。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Celesteさん
返信日時:2017-07-18 21:39:21
藤森先生

ご回答ありがとうございます。

歯根端切除術の成功のためには、根管治療があるレベル以上に施されている方がよい”という事は、再根管治療をまずは受ける、と考えた方が良いのでしょうか。

充填が歯根先端まで出来ていないとすると、成功例とは言えないと考えるのか、10年程は問題が無かったので一応のレベルの治療であったとみるのか、難しいですね。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-07-19 19:29:07
エックス線検査のみで、『良好』との判断は出来ませんが、『poor』ならば判ると思います。
総合病院での説明より、そのような状況を推測しました。
(あくまで推測です)


歯1本の価値感は人様々です。
もし価値あるものとお考えでしたら、privateの歯科医院を検討されるのも一案に思えます。

しかし、privateもスキルの差は大きいとも聞いています。
よく吟味の上、受診なさってください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Celesteさん
返信日時:2017-07-20 04:57:40
藤森先生
丁寧なアドバイス、ありがとうございます。

藤森歯科のウェブサイトを見て、先生が歯内治療の専門医だと知りました。
また、イギリスのシステムもご存じなようので助かります。

先生のおっしゃる通り、今回は再根管治療をきっちりしてくれる歯科医院(Privateです)を探して、相談をしてみます。



タイトル 再根管治療(自己負担)か歯根端切除術か?(イギリス)
質問者 Celesteさん
地域 非公開
年齢 55歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
根管治療の失敗・再治療
歯根端切除術
イギリス
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日