オールセラミックの素材と検査について

相談者: Dさん (38歳:女性)
投稿日時:2017-07-29 21:27:58
1本16万以上するオールセラミック冠の治療をしました。

素材は、ジルコニアに陶器を焼きつけたものとの事でしたが、他の医院でレントゲンを撮ったところ、色が真っ白に映りました。

オールセラミックでこのように映ることはあるものですか?

目視またはレントゲンで、どの素材のセラミックを使っているか分かりますか?

セラミック治療後、痛みが続き、セラミック冠と歯茎の間に隙間があるように感じるのですが、セラミック冠の中の歯や神経が現在どういう状態になっているか、セラミック冠がきちんと合っているか検査する方法はありますか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-07-30 09:48:47
オールセラミックでこのように映ることはあるものですか?

ありますよ。


>目視またはレントゲンで、どの素材のセラミックを使っているか分かりますか?

分からないかと思います。


>セラミック冠の中の歯や神経が現在どういう状態になっているか、セラミック冠がきちんと合っているか検査する方法はありますか?

レントゲンの撮影で判ることもありますが、判らないことも結構あるかと思います。




タイトル オールセラミックの素材と検査について
質問者 Dさん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ オールセラミック(陶器の被せ物)
クラウン(差し歯・被せ)のトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日