右下7番樋状根の長引く痛み。残髄か非定型歯痛か?(抗鬱剤服用中)

相談者: 夏生さん (35歳:女性)
投稿日時:2017-08-12 00:27:51
はじめまして。

右下7番を抜髄後、根管治療を10回しても痛みが引かず毎日の歯痛に悩まされています。
長くなりますが経過を書きます。

始まりは4ヶ月前にキシリトールガムを噛んだ瞬間ズキーンと響く痛みが走ったのがキッカケでした。
長年歯ぎしりをしていたので、歯が割れたのかと思い歯医者へ予約。
その後痛みが増し何もしなくても痛い。ズキズキではなくジンジン顎までくる痛みでした。
直ぐに近所の歯医者へ行きパノラマ、デジタルの2種類のレントゲンを撮影
歯には問題がなく噛み合わせが悪い為右下6番に(銀歯)負担がかかって痛みが出ていると言われフロモックスとロキソニンを処方され帰宅。
抗生物質が効いたのか激しい痛みは治りましたが、違和感は続き右側で食事が出来ない状態でした。
その後も痛みが出たら急患で歯医者へ行き患部に抗生物質の軟膏を注入してもらう治療(歯周ポケットが深く汚れがたまってると)
中々痛みが治まらない原因が分からないと言われ転院。

次の歯科でまたパノラマレントゲンを撮影。
今回は6番ではなく、右下7番の歯の中に虫歯を発見して頂き治療。
神経まではいってないと言われましたが治療後様子をみても痛みが引かず抜髄(これが2ヶ月前です)
樋状根で複雑な根の形をしていると言われました。
その後、週一ペースで根管治療が始まりましが治療後痛みが強く出て回復してきた頃にまた治療という感じで全く良くならず、やっぱり割れてるのではないかと不安になりマイクロスコープラバーダム、CTがある病院へ転院。
マイクロスコープで見てもヒビは見当たらないと言われ、根管治療を続けています。
トータル10回。

しかし、いまだに治療後数日は強い痛みが出ています。
今は麻酔をせずに治療出来てますが、前回の根管治療では超音波で削る時痛みがあり、風をかけたらしみる感じがありました。
これはまだ神経が残ってるのでしょうか?

長引く痛みにもう抜歯した方が楽なのではないかと思いましたが、ネットで調べて、非定型歯痛の可能性もあるんじゃないかと思い悩んでいます。
非定型歯痛に症状で当てはまる所が多かったんですが、当てはまらないのは、局所麻酔で痛みがなくなった事。
麻酔が効いてる時間は痛みから解放されました。切れるとジーンと痛みが復活します。
あと、非定型歯痛は抗うつ剤で治療するとありますが、持病があり抗うつ剤(SSRI)を服用中なので、それでもなる事があるのかな?という事です。

今は、寝てる時以外はずっと痛みがあり右側で噛めずずっと左で食事をしてるせいか、左も痛みが出たりで柔らかい物しか食べれない状態です。
痛みは弱い時と強い時(顎、耳後ろまで痛い)波があります。
どうしても痛い時はロキソニン、ボルタレンを飲みますが効いてる感じがしません。

今後ですが、引き続き根管治療をすれば治るのでしょうか?
CTを撮ってもらった方がいいですか?

非定型歯痛に詳しい先生に診てもらった方がいいのでしょうか?


この痛みの原因をハッキリさせ、痛みから解放されたいです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-08-12 09:30:36
非定型歯痛の可能性は排除出来ませんが、通常の頻度からすると、まず根管治療が適切に行われていないことが多いように思います。




タイトル 右下7番樋状根の長引く痛み。残髄か非定型歯痛か?(抗鬱剤服用中)
質問者 夏生さん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
根管治療の失敗・再治療
根管治療後の痛み
鬱病(うつ病)、精神不安定
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日