再根管治療中に歯に小さなヒビが見つかりました (イギリス)

相談者: Deneさん (30歳:女性)
投稿日時:2017-08-17 04:17:43
ロンドン在住です。
現在右上6番目と左上6番目の歯を治療中で、医師から歯にヒビが入っていると言われて悩んでいます。

長くなりますが、治療過程と質問を以下に記載いたしましたのでご回答よろしくお願いいたします。


【歯の状態】

・上下の歯が噛み合わず、7番目と6番目のみで噛んでいる状態
歯ぎしりで7番目と6番目の歯が平らに
・寝るときはナイトガード使用
親知らずは4本抜歯済み



【治療過程】

[2013年3月]

右上6番目の歯の銀歯の下が虫歯になり、再治療
その後も痛みがあり歯医者に行くと、歯ぎしりと噛み合わせが原因と言われてナイトガードを作成
    
 →その後イギリスに移住。


[2015年10月]

ストレスで歯ぎしりが酷くなる→右上6番目の歯が酷く痛み、歯茎に膿ができてしまい、ロンドンの根管治療専門医のもとで根管治療を受ける


[2016年12月]

日本に帰国。
右上6番目の歯が痛みはないけれど浮いたような違和感があり、CTスキャンをとってもらうと根の先に膿を見つける

4年前に日本で治療した左上6番目の銀歯にも違和感があり開けてみると大きな虫歯になっていて、神経が少し見え欠けてる状態。
虫歯除去後にMTAセメントを入れて様子をみる事に

 *この時、家庭の事情で2ヶ月後再びロンドンに引っ越す事が決定


2ヶ月間でできることを歯科医士と話し合い、右上6番目の歯は3ヶ月以上治療に時間がかかるのでそのままに。

左上6番目のはMTAセメント後にセラミックインレーをする予定でしたが、ジンジンする痛みが定期的にあり、MTAの効き目が出るまで時間を置いて、イギリスでインレーをできる場所を探す事になりました。


[2017年4月]

ロンドンの根管治療専門プライベート歯科でコンサルテーションを依頼。
左上6番目と右上6番目の歯をレントゲンしてもらうが、何も異常はないので違和感があるなら抜歯しかないと言われる。
MTAセメントの歯の事を説明してもあまりわかっていない様子。


[2017年7月]

プライベート歯科でもあまりチェックしてくれない・MTAの知識がない歯科も多いので、治療費は他のプライベート歯科より高額だが根管治療の専門医がいてかつMTAを唯一取り扱っている別の歯科で治療を開始。

右上6番目の歯は膿があるので再根管治療をしてその後セラミックオンレー
左上6番目の歯は経過が良好なのでセラミックオンレーをかぶせる事に。


[2017年8月上旬]

右上6番目の再根管治療を始める
治療中痛みはあったが無事に終わる。
再根管治療は一度のみ。


[2017年8月最初の治療から一週間後]

歯の型取りの際に、右上6番目・左上6番目共に歯にひびがあると医師から伝えられる。
オンレーが歯をホールドしているが、歯ぎしりや噛み合わせの影響で、
左上6番目の歯はのちに再根管治療が必要になるだろうと言われる。


現在治療から2日後なのですが、オンレーの型取りの為に左上6番目の歯を削られた時に痛みがあり、今も時々神経ジンジンするような痛みがあります。

右上6番目の歯も時々圧迫感があります。

以上が治療の過程です。



今回の治療で、再根管治療に16万円、
セラミックオンレー 2箇所で42万円の治療費がかかる予定です。
歯にヒビによって現在の治療が無駄になってしまうのではないか不安です。

今後もロンドンに住む予定なので、治療後に歯科矯正をして歯並びの改善を考えていたのですか、ヒビのある歯で矯正を始められるのか疑問です。



ここで質問です。

 1)歯にヒビがあっても歯はできる限り保持した方がいいのでしょうか


 2)左上6番目の歯の痛みが続く場合、ヒビがあっても可能な限り根管治療をした方がいいのでしょうか。
この場合は抜歯をしてインプラントにした方が良いでしょうか。 

 2)歯にヒビがあっても歯科矯正は可能でしょうか
   (マウスピース矯正を考えています)

日本でもイギリスでも歯科医たちはいつも「歯並びが原因」と言うので、矯正を始めたいのですが、矯正中に再び治療をしたくないのでタイミングに悩んでいます。

長くなりましたが、ご回答をいただけましたら幸いです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-08-17 09:08:15
ご相談ありがとうございます。

とても困難な治療になりそうですね。
日本国内だけであってもそうですが、一般的に海外では抜歯の連続以外の選択肢は少なくなりそうです。

> 1)歯にヒビがあっても歯はできる限り保持した方がいいのでしょうか

状況によります。

今回の6番の場合は、咀嚼にとても重要な歯です。
したがって、咀嚼に十分使えるかどうかの診断が必要です。

上下左右、あるいは全体の噛み合わせ咬合力や力のバランスの検査が予測には欠かせません。

神経のない歯は正確には、歯髄のない歯と言います。
歯髄のない6番はヒビが入ると、一生残せる条件がとても厳しくなります。


> 2)左上6番目の歯の痛みが続く場合、ヒビがあっても可能な限り根管治療をした方がいいのでしょうか。
>左上6番目のはMTAセメント後にセラミックインレーをする予定でしたが、ジンジンする痛みが定期的にあり

これは一般的に歯髄を残せない症状とも言えます。


>この場合は抜歯をしてインプラントにした方が良いでしょうか。 

抜歯前すでに、以下の状況は極めて厳しいと言えます。
>・上下の歯が噛み合わず、7番目と6番目のみで噛んでいる状態
>・歯ぎしりで7番目と6番目の歯が平らに
>・寝るときはナイトガード使用

したがって、抜歯後にもその厳しさのままで、インプラントをして本当にいいんでしょうか。
よく検査を受けましょう。


> 2)歯にヒビがあっても歯科矯正は可能でしょうか

総合的な診断が必要であり、一般的に説明はできません。


>(マウスピース矯正を考えています)

矯正方法は、矯正の診察と検査による診断によって決まります。
ご自身の都合だけで決めると危険です。


>「歯並びが原因」と言うので、矯正を始めたいのですが、矯正中に再び治療をしたくないのでタイミングに悩んでいます。

現在の厳しい状況を改善することが目的なのでしょうか。

>歯にヒビが入っていると言われて悩んでいます。
銀歯の下が虫歯になり、再治療 その後も痛みがあり
>ストレスで歯ぎしりが酷くなる→右上6番目の歯が酷く痛み、歯茎に膿ができ

見た目を治す矯正で、これを解決したいのでしょうか。

歯並びは、ヒビやかみ合わせの異常や虫歯や痛みの原因であるとは言えません。
したがって、見た目の歯並びを綺麗にしても、虫歯や痛みを止めたり今の厳しい状況が改善する保証は全くありません。

本来は、ドウシテコウナッタのか?! 原因を突き止め、原因に対する根本的な解決方法を探ることから始めない限り解決しないのかもしれません。
複雑な状況のようですから、簡単に済ませてしまおうと思わない心がけが必要かもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Deneさん
返信日時:2017-08-18 19:23:33
さがら先生

ご回答いただき、ありがとうございます。

元々は歯の見た目、食事の際に噛みごたえのある食べ物を前歯で噛みきれない状態を改善するために矯正をしたい → 矯正を始めるために虫歯を完治したいと考えてました。

今は現在の厳しい状態を改善するのが優先したいと考えています。
激痛ではないのですが歯の違和感とじんわりと歯茎が痛むのがストレスになっています、

 >本来は、ドウシテコウナッタのか?! 原因を突き止め、原因に対する根本的な解決方法を探ることから始めない限り解決しないのかもしれません。

先生からご回答をいただいた後、意識してみると普段歯が接触してることが多い、舌が緊張した状態になっているなど就寝時以外にも口に力が入っていることに気がつき、力を抜くように心がけています。

総合的に解決方法を診察してくれる歯科あまりないのですが、安直にインプラントや矯正ではなく総合的な検査を受けてみようと思います。



タイトル 再根管治療中に歯に小さなヒビが見つかりました (イギリス)
質問者 Deneさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯のヒビ(ひび割れ)
根管治療に関するトラブル
イギリス
歯根破折
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日