? 神経を抜いた前歯が変色、ウォーキングブリーチor セラミック

神経を抜いた前歯が変色、ウォーキングブリーチor セラミック

相談者: ぼみさん (20歳:女性)
投稿日時:2017-09-18 00:08:02
こんにちは。

私は数年前に左前歯の神経を抜き、歯が黒ずみ悩んでいます。

近所のお医者さんに行ったところ、私の神経を抜いた歯には金属の棒が入っているため、それを抜いてウォーキングブリーチすることを勧められました。


しかし、金属を抜き、ウォーキングブリーチを終え、詰めもの?をした後、今よりも歯の強度が弱くなり、折れそうで怖いです。
金属を抜くことに抵抗を感じています。

また、神経を抜いた歯は、歯の形が綺麗に残っているためできれば削りたくないのですが、今後を考えるとセラミックの方がいいのかと悩んでいます。


歯を白くしたいのですが、ウォーキングブリーチかセラミックかどちらの方がよいと思いますか?

ご回答のほどよろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-09-18 08:59:37
変色が歯根の方にまで及んでいたりメタルコアの色が透けて見える状態があると思います。
その状態でセラミックを入れた後に、歯肉が退縮して歯根の露出が起こると歯根の色がとても気になる事があると思います。

笑った時に歯茎が見えるタイプだと尚更気になる事がありますので、長期的に考えるとメタルコアの除去が間違いとは思いません。
ただ上手に外さないといけないとは思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-09-18 10:55:06
こんにちは。

金属はコアでしょうか?金属コアであれば目視で削って掘り出すことが可能ですから、一旦はずしてもらい必要であれば再根管治療でシーリングを完璧にしてもらった後、インナーブリーチ(ご希望であればウォーキングブリーチ)を行ってもらえば漂白可能なのではないかと思います。


加強が必要なのであれば今は金属コアを使うことは稀になっていて、ファイバーコアを樹脂で接着加強することが審美的に有利だとされていると思います。

稀に金属コアをかなり深く太く入れられている場合があります。
そういう場合は先端部位の除去を諦めたほうが根の構造上よい場合もあるでしょうから、その辺りはどういう治療がよいのかを担当医がちゃんと判断しておこなってくれるのではないかと想像します。


歯の形態がほとんど残っていて歯の一部樹脂充填の際の補強として補強用金属スクリューを入れてある場合があるかもしれませんからコアなのか?そうでないのか?で難易度が異なるでしょう。

一旦自費が入りますし目的が審美目的ですから途中から自費に移行ということになるのだと思います。



>歯を白くしたいのですが、ウォーキングブリーチかセラミックか どちらの方がよいと思いますか?

これも担当医が診断してどちらかを薦めてくれるのではないかと思います。

ブリーチでおこなう場合、表面に樹脂の継ぎはぎが出ていれば新たな審美的な問題を抱えるかもしれません。
それを改善するために自費のダイレクトボンドの上手い先生を探さなければ、満足出来る結果につながらないかもしれません。

セラミックにする場合はオールセラミックであれば金属コアが入っていれば光の透過性に問題を生じるでしょうから、メタルボンドを薦められるかもしれません。

どういう光の下でも天然歯と同じように見えたいと思えばメタルコアは除去してオールセラミックがよいかもしれません。


どの程度こだわりをお持ちなのか?によってもお勧めが異なるでしょうから、しっかり担当医にご相談されるのがよいでしょうね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 神経を抜いた前歯が変色、ウォーキングブリーチor セラミック
質問者 ぼみさん
地域 大阪
年齢 20歳
性別 女性
職業 大学生・短大生・専門学生
カテゴリ 歯の変色・着色
ウォーキングブリーチ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日