下前歯6本ブリッジの適合性について

相談者: あちゃきさん (38歳:男性)
投稿日時:2017-10-11 22:27:35
こんばんは、お忙しい中ご回答よろしくお願い致します。

現状歯周病で左下1番自然欠損し、右1番左2番と接着応急処置しております。
なんちゃってブリッジってヤツでしょうか?


右1番も動揺度3で両側2番も後ろに下がっていて歯並びが悪いので、右1番両側2番を抜歯して、土台両側3番で6本ブリッジを担当医には提案されています。

ただ個人的には両側3番だけで前歯6本ブリッジするのは、耐久性や適合性が非常に気になっております。
先の事を考えてインプラントも検討したいのですが、担当医が6本ブリッジを提案してきてそのまま進みそうなので、もしご教授頂ければ嬉しいです。


よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-10-11 22:49:26
担当医が6本ブリッジを勧めているのでしたら、おそらくはその方法が一番得意なんでしょうね。

でも、その案に疑問を感じておられるのでしたら、セカンドオピニオンを求めて他院を訪れてみてはいかがでしょうか?

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-10-12 09:46:26
ご相談ありがとうございます。

>両側3番だけで前歯6本ブリッジするのは耐久性や適合性が非常に気になっております。

ブリッジとは、道路にかかる橋と同じです。
それらの性能は設計するうえで大きなファクターとなります。

橋と同じで、ブリッジにも力学計算式があります。
ただ橋とは違い、生身の身体ですから、生体力学となりますし、道路と違いますから、お口全体や心身の条件を計算に加味しなけばなりません。

その検査・診断の結果、また、その確定診断に基づく、インフォームド・コンセントという相談の結果によっては、その設計も充分に候補に挙げられますし、長く持っている場合もあります。


>先の事を考えてインプラントも検討したいのですが、

それも一つの選択肢です。


ちなみに、お話だけでは伝わらなかっただけかもしれませんが、大事な支点が欠けているので説明します。

そもそも歯周病で起きたことのようですから、歯周病に対する根本的な治療計画は大前提です。

もともと前歯は奥歯が守ってくれています。

下の前歯が抜けてしまうほどの歯周病であれば、前歯の守護神である奥歯が健全であるとは考えにくいからです。
また歯周病の治療をきちんとしていないのであれば、その犬歯にも歯周病の影響がありえます。

そうなれば、ブリッジの生体力学計算は二つあるうちのより厳しい計算式に当てはめて、設計診断をしなければなりません。

このように、将来を考えるのであれば、現状を知る病態診断が欠かせません。
よく相談しましょう。




タイトル 下前歯6本ブリッジの適合性について
質問者 あちゃきさん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ ブリッジ治療法
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日