咬合のせいか前歯ジルコニアが1日で欠けた。メタルボンドにやり直すか

相談者: にごり湯さん (30歳:男性)
投稿日時:2017-10-21 23:04:14
こんばんは

事故で両上前歯が欠けてしまい、ジルコニアセラミックを入れました。
しかし、もともと噛み合わせが悪く過蓋咬合の為か、その日のうちに前歯の付け根で欠けてしまいました。
食後休憩してる時にガリっとした感じがあって触ると欠けてました。

今現在は前歯裏を削ってレジンで止めている状態です。
削りつつ噛み合わせは整えてもらったので、食事の時に下前歯が接することは無いのですが、食いしばったりした時は当たらないとは言い切れません。
削ったところは薄くなっているのでまた折れないか心配です。

そこで、裏側が金属で強度のあるメタルボンドにするべきか、悩んでいます。
アドバイスよろしくお願いします。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-10-22 14:44:15
こんにちは。

前歯の裏側の削り方が不足していたのでしょうか?
主治医にしっかり対応してもらうとよいでしょう。

歯を削りすぎると痛みが出て神経が非可逆的なダメージを受けます。
これ以上削ることはできないな〜という歯科医の見立てであれば、メタルボンドのほうが裏側面の削りが薄くても問題になりにくいでしょう。

ただ、長期的にメタルマージンになったりすることもあるでしょうから悩ましいですよね。

かみ合わせに問題があると審美修復は難しい選択を迫られることがよくあります。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: にごり湯さん
返信日時:2017-10-22 22:37:15
最初の噛み合わせの調節でいまいち実感がなかったのですが、少し当たっていたのだと思います。

神経は両前歯とも抜いてしまっているので痛みはないのですが、薄いところなので削るのが難しいところとも言われました。
今後数十年と付き合っていくことを考えると、メタルボンドでのメタルマージンも気になるところでどうしても答えが出ません。

主治医の先生とよく相談してみます。
お答えいただいてありがとうございます。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-10-23 08:55:20
ご相談ありがとうございます。

セラミックも大事ですが、歯を守りたいところです。

もし過蓋咬合であれば、歯を失わないためには難しい治療となります。
奥歯を含めた全体の検査が必要になります。

さらに歯周病感染が起きれば急激に歯を失います。

咬合という力のコントロールとマネージメント、プラス、感染の予防管理が重要です。


メタルボンドでのメタルマージンも気になるところ

ポーセレン・マージンにすれば見た目を守れます。


総合的な計画を立ててもらいましょう。




タイトル 咬合のせいか前歯ジルコニアが1日で欠けた。メタルボンドにやり直すか
質問者 にごり湯さん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ ジルコニアクラウン
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
クラウンが割れた・壊れた・欠けた
過蓋咬合(かみ合わせが深い)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日