入れたばかりの6番の土台の交換とクラウンの素材について

相談者: たあこんさん (41歳:女性)
投稿日時:2017-10-22 00:11:46
右下6番、神経の無い歯です。
歯は歯茎から1〜2mmくらいしか残っていません。

今回、被せていた銀歯の表面が剥がれ、中に虫歯もあったため、土台から入れ直すことになりました。
(痛みは全くありませんでした。)

私は自費でも構わないので、最適な治療がしたいと伝えており、噛む力が強いということもあり、希望はジルコニアクラウンでした。

しかし、上下の歯と歯の隙間が狭いため、ジルコニアでは厚みがでてしまい、難しいかもしれないと言われ、保険の銀歯にした方がいいのではと言われ、悩んでいます。

また、本日、土台が入れ終わり、鏡で見てみると、保険でできる銀の土台でした。
材質に関しては、説明すらありませんでした。

そもそも私は、土台に種類があることを知らなかったので、何とも思わなかったのですが、それを歯科医の友人に話したら、

ファイバーコアの方が良かったのに!」

と言われてしまいました。


そこで質問なのですが、

@本日装着した土台を外してまで、ファイバーコアにした方が良いのでしょうか

Aジルコニアクラウンが適用できないということはあるのでしょうか

B歯科医の友人は、保険の金属は勧めないと言います。
ジルコニアに出来ない場合、他に選択肢はありますか?

宜しくお願い申し上げます。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-10-22 07:28:32
費用も厭わず、ご友人に歯科医師がいるのでしたら、そちらで相談なさってみる、或いは、転院なさってみてはと思います。

上下のクリアランスのこと、そもそも口腔内全体のバランスなど、文面では判らない実際の状態について診ていただいたうえで、判断していただくのが良いように思います。

治療に希望があり、お掛かりの施設でそれが叶わないのでしたら、叶えてくれる施設を探すより他はありませんね。




タイトル 入れたばかりの6番の土台の交換とクラウンの素材について
質問者 たあこんさん
地域 非公開
年齢 41歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
土台(コア)の除去・交換
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日