[写真あり] 食事中に箸・フォーク等を噛む癖で欠けた前歯の修復

相談者: 美容男子さん (23歳:男性)
投稿日時:2017-10-24 00:49:26
当方23歳の男性で、現在インビザラインでのマウスピース矯正を行っております(近いうちに保定のフェーズに入ります)。

本題なのですが、中高生の頃にストレスか癖からか、主に食事中に物を噛んでしまう癖があり、記憶には無いのですが写真のように、上下の一番前の2本の歯が何箇所か、小さくではありますが欠けてしまっております。

その影響かわかりませんが、前歯にはクラックが多く見られます(歯医者さんに指摘されたことはないので、軽度なものだとは思います)。

恥ずかしい話、最初は箸を噛むぐらいだったのですが、次第にエスカレートしてフォークやコーヒーカップなど硬いものを噛むのが癖になっていて、その時に欠けたものだと思います。

今では仕事での会食など人前で食事をする機会も増え、さすがに物を噛むことは無くなりましたが、一人でいるとカチカチと前歯を噛み締めたりする癖がたまに出ます。


20代になって矯正を始めて歯への関心も高まり歯磨きの習慣もついて、綺麗な歯並びも手に入ってそこは満足しているのですが、ここに来て歯の凹凸が気になります。


削って平らにするのは良くないかと思いますが、

(1)凸凹や少し欠けている部分を埋めたり塗ったりして、補修する技術があれば教えて頂きたいです。

また、噛み癖が続くと審美的な問題だけではなく歯の健康に良くない予想はつくのですがなかなか最悪の状況が想定できず直すことができないので

(2)噛み癖が続くことによって起こることが想定される、悪い影響について教えて頂きたいです。



高額な矯正治療をして、ホワイトニングもして、歯磨きやフロスの習慣もついたのですが、上記の2点の事がとても引っかかっており、自己解決ができそうになく、プロの方々の意見をお伺いしたく質問させて頂きました。

このモヤモヤを解決して、残りの人生は綺麗で健康な歯で過ごしていきたいです。
よろしくお願いいたします。

画像1画像1 画像2画像2


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-10-24 12:05:01
写真を拝見する限りでは、充填するほど大きな欠損でもなく、また、この部分にレジン充填を行ったとしても、維持力が足りない為、脱落してしまう場合がほとんどでしょう。さりとて、クラウンにするのもナンセンスです。

ということを考えれば、咬合調整を行って平坦にするのが妥当なところでしょう。

著名なアメリカ矯正医であるアレキサンダーの書いた本に、「ハリウッドスマイル」という言葉が出てまいります。

矯正治療を終了したあと、切縁のラインを咬合調整で整えるというものです。必ずとは書いてありませんでしたが、かなりの患者さんにはこの処置を施しているようです。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-10-24 13:05:15
もしも炭酸飲料水をよく飲まれるようでしたら、少し控えられたら良いと思います。




タイトル [写真あり] 食事中に箸・フォーク等を噛む癖で欠けた前歯の修復
質問者 美容男子さん
地域 非公開
年齢 23歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯が割れた・折れた・欠けた
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中