[写真あり] 歯茎退縮を年末の一時帰国まで抑えたい(アメリカ)

相談者: みみsanさん (22歳:女性)
投稿日時:2017-11-06 16:51:36
今現在アメリカに留学中です。
歯の保険は入っていません。

最近下の前歯歯茎が下がっているのに気づきました。
横に動かしてみると少しだけ動きます。

今年の年末日本に一時帰国する予定ですがそれまでにこの進行をできるだけ抑えたいです。
具体的に的確に何をしたらいいか教えて下さい。

そして日本に3週間くらいの滞在予定ですがその間にこの下がった歯茎を治すことはできますか。
そして治すには何をしたらいいですか。

質問ばかりですみません。
写真ものっけときます。

お返事お待ちしております。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-11-06 21:08:04
こんにちは。

日本では保険制度があるので日本で同様の相談があった場合は歯周組織検査やレントゲン検査を行い問題部位の状態を確認した上で歯磨きの状態も確認して歯磨き指導やスケーリングを行うという一連の流れになることが多いと想像します。

病名はP病名です。

保険治療はそういう一連の流れに乗らなければ治療費請求が通らないということになっています。
よい面もあります。

ただ本来は歯科治療は自由診療が似合っていると思います。
ですからアメリカで100%自己負担で歯科受診されるのもよい経験になるのではないかと思います。

ただ、問題解決に至るまではなかなか難しいのではないかと思います。

もしも歯茎炎症が急激に起こっていて歯が急にグラグラしていて口臭も酷いという場合は妙なものに感染してしまったかも知れません。

そうでなければ多分いやわかりませんが、歯並びに問題があり歯を当てすぎているのかもしれません。
いやー、まったくわかりません。

そのために、診断して治療計画を立てるためには各種検査が必要とされています。
そしてすぐに診断せず経過を観察したり予測をたてて侵襲性のない処置を行い比較したり評価して治療計画を確定するということをします。

そういうことでわかりにくい場合は慎重に行うことが大切です。

虫歯のように穴が空いているという場合ならばわかりやすいのですぐに治療してもよいのですが。

帰国時の短期間で何かできることがあるのでしょうか?
マウスピースでも作ってもらうのでしょうか?

診断には検査が必要ですね。




タイトル [写真あり] 歯茎退縮を年末の一時帰国まで抑えたい(アメリカ)
質問者 みみsanさん
地域 非公開
年齢 22歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ アメリカ(米国)
歯茎が下がった(歯肉退縮)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日