根管治療の、治療の最中の痛みに対し一般的に行われていることは?

相談者: めいりんさん (26歳:女性)
投稿日時:2017-11-15 20:58:44
こんにちわ。

1ヶ月前より左下の奥から2番目が痛みだし歯医者に通いだしました。

削って仮詰めをしていましたがある日の夜激痛とともに頬の腫れに襲われ訳あって別の歯医者に駆け込みました。


膿が大量にたまっていた様で排出するも治療に激痛がともなったためこれ以上はやめときましょう!
となり抗生物質と鎮痛剤で様観。


4日後、再び治療し根管治療?として根まで薬を詰めることになっていたんですが、治療の痛みが強すぎてあまり前に進めず!

炎症を抑える薬を詰めて1週間後、さらに治療することになっています。

根管治療とやらははじめてなんですが、治療は我慢できない程の激痛に襲われるものなのでしょうか?
それとも麻酔してもらえば少しは痛みはマシなのでしょうか?

先生には炎症が強いから治療に痛みがあるだけで炎症が治まれば痛くないとは言われていますが、治療にこの痛みが続くなら不安に思ってしまいます。

ちなみにレントゲンで根元の長さ?測ったのですが、まだ半分くらいまでしか削れていないとのことでした。
まだまだ削って広げていかないといけないと聞いて不安いっぱいです。


虫歯にしたのは自己責任ですが歯医者に行くのが怖くなってきました。

根管治療の治療中の痛みについて一般的に行われていることを教えていただけたら幸いです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-11-16 15:38:08
>治療は我慢できない程の激痛に襲われるものなのでしょうか?
>それとも麻酔してもらえば少しは痛みはマシなのでしょうか?

稀にそう言ったこともありますが、多くは麻酔がしっかり効いているときちんと治療は進むはずです。




タイトル 根管治療の、治療の最中の痛みに対し一般的に行われていることは?
質問者 めいりんさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療中の痛み
むし歯 治療中の痛み
根管治療中の痛み
麻酔その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日