再根管治療中、消毒薬と被せ物の選択と治療費について

相談者: smilefaceさん (33歳:女性)
投稿日時:2017-11-19 02:52:27
左下6番目の根管治療中です。
数年前にも根管治療をした歯で、痛みが出たため別の歯医者で診てもらいました。

医師の話では神経が取りきれておらず、治療も中途半端な状態(具体的な事はわかりません)で、神経の奥の根にも炎症があり、その場ですぐに2度目の根管治療が始まりました。


必要かわかりませんが、1つ情報として、神経が3本ではなくアーチ状になっている可能性が高い歯だと言われています。



最初の質問です。
治療内容と治療費についてです。

医師の説明をまとめました。
・根の消毒薬が良いものだと2万円。
水酸化カルシウム?みたいな名前)
被せ物銀歯なら保険適用で安価。
・保険適用の白い詰め物奥歯なので適用不可。
・陶器なら7万くらい。
歯科衛生士に頼むと10万以上。

次の治療で根元に消毒薬を入れるのですが、2万円という金額に少し驚いています。

しかし、保険適用の薬では菌に効く成分が米粒ほどしか含まれていない為、あまり消毒効果は期待できないと説明を受けています。

しっかり治したい気持ちはあるのですが、これは妥当な金額でしょうか?


ちなみに隣の7番目の奥歯も治療予定なのですが、医師からの提案で、そちらでも米粒程度、同じ消毒薬を使用したいと。
ただ、ごく少量なので2万円で2つの歯に使うというのでも良いですよと言われました。

こちらも含めて妥当な治療と治療費でしょうか?



次の質問です。
被せ物に保険適用の白い詰め物は、奥歯には強度の問題で使用できないと説明を受けました。

あまり金銭的余裕も無いので銀歯の選択を考えていますが、私の体質状、金属アレルギーが心配なのでアレルギー検査も行う予定です。

その場合、大きい病院への紹介状+パッチテストの費用もかかるので、トータルで結構な出費になるなら銀歯以外の選択肢もありますか?

また、もし金属アレルギーが出た場合、選択肢として医師が述べた通り、高額な陶器のものしかないでしょうか?

金歯もそれなりに費用がかかりますか?



きちんと相談、説明は受けているので信頼はしているのですが、突然、お金がかかる治療が始まり漠然とした不安があります。

悩んで決断できず、仮の詰め物で蓋をしている状態で、約1ヶ月そのままです。

治療法、治療費が妥当なのかどうか。
違ったアプローチが考えられるか等、ご意見を頂きたいです。


どうぞ宜しくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-11-19 16:07:27
根管治療保険適用なら2万もしませんね。

そこを自費の根管治療にするなら保険のかぶせ物は混合診療になるため、規定では入れられないはずです。
ただ、セラミックの値段は妥当か安いほうだと思いますよ。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-11-19 16:45:51
>根の消毒薬が良いものだと2万円。(水酸化カルシウム?みたいな名前)

名前は違いますがMTAセメントであればそれぐらいしてもおかしくないと思います。

MTA


>・被せ物銀歯なら保険適用で安価。

金銀パラジウム合金のことかと思います。
一本5000ぐらいの負担金で済むと思います。


>・保険適用の白い詰め物奥歯なので適用不可。

多くの歯科医が賛成すると思います。


>・陶器なら7万くらい。
>・歯科衛生士に頼むと10万以上

歯科衛生士にセラミックは作れないので歯科技工士ではないかと思います。
となると陶器は院内のセレックなどでつくるCAD/CAM製のセラミック冠ではないかと思います。


>保険適用の薬では菌に効く成分が米粒ほどしか含まれていない為、あまり消毒効果は期待できないと説明を受けています。

根管治療のポイントの一つは根管拡大であり汚染された部分の機械的除去だと思います。
次は根管洗浄であり、いかにして汚染物質を根管外に洗い流すかだと思います。
その次が根管貼薬でその次が根管充填だと思います。


>金属アレルギーが出た場合、選択肢として医師が述べた通り、高額な陶器のものしかないでしょうか

大臼歯にCAD/CAM冠という白い歯が保険で選択できる歯科医院もあると思います。
しかしながら届出制なので、使いたいという届出をしていない歯科医院ではできないと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: smilefaceさん
返信日時:2017-11-21 00:11:50
飯島先生
ご回答ありがとうございました。

>そこを自費根管治療にするなら保険かぶせ物は混合診療になるため、規定では入れられないはずです。

自費治療と保険治療は混合させてはいけないということですか?
知りませんでした。
勉強になります。


>ただ、セラミックの値段は妥当か安いほうだと思いますよ。

そうなんですね。
これでも安いなんて…。
金属アレルギーが出ず、銀歯を使える事を祈るばかりです。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: smilefaceさん
返信日時:2017-11-21 00:58:30
柴田先生
ご回答ありがとうございます。

2万円の消毒薬は先生がおっしゃる通りMTAセメントでした!
また、『根管治療のポイントの一つは〜』のお話がきちんと理解できなていないのですが。

要は消毒薬の選択よりも、それ以前の治療がまずは大切。という事ですか?


それも踏まえ、丁寧に根管の除去・洗浄がなされた上で、このMTAセメントを使用すれば、他の消毒薬と比較しても消毒効果大であるという考えで合っていますか?



最後にもう一つ質問させてください。

被せ物をする手前まで治療をしてもらい、その先はCAD/CAM冠を保険適用でやってくれる歯医者にお願いをする。
というのは、やはり医師からしたらオススメしないですか?

率直な意見をお聞かせ下さい。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2017-11-24 20:47:33
>要は消毒薬の選択よりも、それ以前の治療がまずは大切。という事ですか?

その通りですね。
並べた順番に大事だと思います。
あと仮封とか細々とありますが。

MTAセメント根管充填する超有名な先生もいます。
ただ再根管治療がかなり難しくなるので個人的には余程のケースでないと使いません。


どこで歯科医に伝えるかによって不快な思いをするかもしれないとは思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: smilefaceさん
返信日時:2017-11-27 10:37:47
ありがとうございました。

アドバイスを踏まえてこの先の治療をどうするか考えてみます。
お忙しい中ご回答ありがとうございました。



タイトル 再根管治療中、消毒薬と被せ物の選択と治療費について
質問者 smilefaceさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
根管治療の失敗・再治療
根管治療の治療費・費用
根管治療後の詰め物・被せ物
MTA
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日