抜いた歯の根元あたりの歯茎に膨らみ、骨が変形しているのか?

相談者: おゆきんぐさん (40歳:女性)
投稿日時:2017-11-24 00:33:57
11年前に右下の一番奥の歯が欠けてしまい、それ以来詰め物をしていました。

H27年秋ごろからその歯が痛むようになり、H28年3月に歯科へやっと行くことが出来たのですが、その歯科では、一番奥の歯の一つ前の歯が原因ではないかと診断されました。
一つ前の歯はもっとずっと前から虫歯で銀のかぶせをしていました。

それで、一番奥の歯の詰め物をやり直すのと、一つ前の歯の銀を一度取ってもう一度かぶせなおすということをされました。


でも、その治療後、ますます一番奥の歯が痛むようになり、右で噛むことができなくなりました。
かなり腫れてもきていたので、もう一度その歯科に行きましたが、痛みを訴えても

「そんなはずはない。
治療するところはない」

と言って、治療してもらえませんでした。

「別の歯科に行ってもらって構わない。」

とも言われました。


その後、別の歯科に行くと、一番奥の歯が「歯周病」だと診断されました。
あと、かみ合わせが悪いと言われ、さらに

マウスピース?を買わないとその先の治療ができない」

と言われて、渋々購入しました。


マウスピースをつけても痛みは改善されなかったし、痛みは日に日に増しました。
うっかり右で物を噛むと激痛で動けなくなるほどでした。
抜歯という選択肢しかない、と言われした。
また

「そうやってドクターの言うとおりに治療しないから治らない」

と高圧的に言われたりして、対応に不信感があったので、また別の歯科に行きました。




そこは歯周病の専門医で、歯周病しか扱わないところでした。
たくさんのレントゲン検査の結果、歯周病ではなく、歯が割れていて、そこからばい菌が入ったのだろう、ということでした。

その結果をもとに、もう一度「歯周病」と診断された歯科に行くと、また全く話が噛み合わなかったし、埒があかなかったので、少し大きな病院の口腔外科を紹介してもらうことにしました。


その後、その4つ目の病院で診断してもらうと、その歯が真っ二つに割れていることが分かりました。
そこからばい菌が入っていて、もうこの歯はもたないから抜歯をした方が良いと診断されました。

そしてその病院で抜歯をしました。
これでやっと終わるとおもっていたのですが、現在で抜歯後2カ月経ちますが、抜いた歯の根元の内側がどんどん腫れてきていて、堅くて白い物が突出しています。
今はそれが皮膚を突き破ろうとしてます。
ばい菌で骨が変形して出てきているのでしょうか。


歯科に行きたくても、何度も違う診断をされたり高い物を買われたり、別の方法はないかと聞くと、「治療ができない」と言われたり、2つ目の歯科(マウスピースを買わされたり歯周病ではないのに歯周病と診断した歯科)のことがあって、歯科がとても怖くなってしまいました。
大きな病院に行こうと思っても、どこかの歯科に行って紹介状を書いてもらわなければいけません。

こういった場合、どこに相談したら良いのでしょうか。


この口内にできた物は何か、どこに相談に行けば良いのか、教えて下さい。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-11-25 09:14:43
文面からの勝手な想像ですが…

>11年前に右下の一番奥の歯が欠けてしまい
>その治療後、ますます一番奥の歯が痛むようになり
かみ合わせが悪いと言われ
マウスピースをつけても痛みは改善されなかった
>歯が割れていて、そこからばい菌が入った

ということは

 1 もともと TCHなど「力のコントロール」に問題がある
 2 治療後にTCHが悪化
 3 TCHの診断ができない歯科医が「歯周病」や「噛み合わせ」に問題があると発言
 4 TCHにマウスピースは効果がない
 5 TCHのコントロールができず、歯牙破折 → 炎症

という流れのような気がします。


>抜いた歯の根元の内側がどんどん腫れてきていて、堅くて白い物が突出しています。
>今はそれが皮膚を突き破ろうとしてます。

これは実際に拝見しないと「堅くて白い物」の正体がわかりません。
場合によっては抜歯時に残ってしまった歯の破片かもしれません。

可能であれば「口腔外科」を標榜されている歯医者さんで診てもらうのが良いような気がします。

またTCH是正指導に積極的に取り組まれている歯医者さんであれば都合が良いかもしれませんね。

参考:TCH、歯列接触癖





タイトル 抜いた歯の根元あたりの歯茎に膨らみ、骨が変形しているのか?
質問者 おゆきんぐさん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯後の痛み・異常・トラブル
歯茎(歯ぐき)の痛み
歯茎の出来物(できもの)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日