噛み合わせが深いため裏側矯正をしようと考えています

相談者: 歯並び太郎さん (19歳:男性)
投稿日時:2017-11-20 02:00:45
こんにちは、裏側矯正について、質問です。

私は噛み合わせが深いと診断されてなおかつ、少し出っ歯で、すきっ歯なので、矯正しようと考えていて、接客業のため、裏側矯正をしようと思い矯正について調べていたのですが、矯正器具にも、Clippy-LやALIASといった種類があるようなのですが、この二つだとどちらが違和感なく喋りやすかったりまた小型なのでしょうか?

また効果の違いや、デメリットやメリットなどありましたら、教えて頂けると幸いです。

乱文にて失礼しました。
宜しくお願いします、


回答 回答1
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2017-11-20 12:42:33
舌側矯正の場合、普段どのブラケットを使用しているのかの方が問題になると思います。

慣れていない種類のブラケットの場合、ワイヤー着脱の際のスロット開閉に手間取ったり、場合によってはワイヤーの調節方法も違うかもしれません。

そのため、通院予定の矯正歯科医がどの装置を使っているのかになると思います。


また、かみ合わせが深い場合、上下の歯の位置関係によっては舌側矯正自体、難しいかもしれません。

個人的には、舌側矯正の場合、どんな装置でも慣れるのに時間がいると思います。

保護者の方同伴で、矯正歯科医院でご相談ください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 歯並び太郎さん
返信日時:2017-11-24 06:28:33
こんにちは回答ありがとうございます!

二つの器具の、サイズや違いなど宜しければ教えていただけると幸いです!!
回答 回答2
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2017-11-24 09:03:26
どちらも使用したことがないのでわかりません。

使用している矯正歯科医の数的には、ALIASよりもClippy-Lの方が多いと聞いたことがあります。


ただ、先にも書いた通り、普段使っている舌側矯正装置で治療してもらうことが一番だと思います。




タイトル 噛み合わせが深いため裏側矯正をしようと考えています
質問者 歯並び太郎さん
地域 非公開
年齢 19歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
矯正関連
過蓋咬合(かみ合わせが深い)
舌側矯正(裏側の矯正)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日