クラウンが外れやすいのでコアとクラウン一体型を勧められた

相談者: kazuuさん (28歳:男性)
投稿日時:2017-11-24 17:28:33
コアとクラウンについて質問させて頂きます。


奥7番のことですが、クラウンが外れ易いため、本日コアの除去を行いました。

次回は、コアとクラウンの一体型を入れると言われましたが、初めて一体型の存在を知った為、困惑しております。
コアとクラウンの一体型は、一般的な物なのでしょうか?


また、私の希望としましては、いずれはセラミックを入れたいと考えております。
ただ、費用的にファイバーコアだけ先に入れ、その上にメタルクラウンを被せることは可能でしょうか?

上記の治療が可能な場合、いずれメタルクラウンを外し、既存のファイバーコアにセラミックを被せることは出来ますか?


質問ばかりで申し訳御座いませんが、宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-11-24 17:52:01
こんにちは。


奥7番は十分な長さがある歯なのでしょうか?
とても短い歯であればコアは歯根に維持を求めるので、くっついていても冠を維持するだけの頭の長さがないならば上下一体型の冠でなければ外れてどうにも機能できないというケースが時々あります。

そのため悪くない隣の歯も削って連結される場合もあるので、それよりはまだよいでしょう。

望ましい治療とはいえないかもしれないが、しょうがない選択という場合もあるでしょう。


もしもそういう悪条件歯冠修復の場合は色々工夫が必要ですから、理想的にファイバーコアセラミック冠の選択肢があるのかどうかについても説明を受けておくとよいでしょう。

全てのケースで理想的な治療が可能であるとは言えない場合もありますからね。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-11-24 18:37:57
>コアとクラウンの一体型は、一般的な物なのでしょうか?

あまり一般的とは言えません、それより外れやすい原因を探って取り除いておくべきです。


>私の希望としましては、いずれはセラミックを入れたいと考えております。

歯冠長が短ければセラミッククラウンは不適応です。


>費用的にファイバーコアだけ先に入れ、その上にメタルクラウンを被せることは可能でしょうか?

可能です。

>上記の治療が可能な場合、いずれメタルクラウンを外し、既存のファイバーコアにセラミックを被せることは出来ますか?

歯冠長がセラミッククラウンで補綴するだけ確保できていれば可能です。

個人的には根管治療がきっちりできていて感染根管が治癒しているかどうか調べておいたほうがいいように思います、そのうえで補綴を考えてはどうでしょうか。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: kazuuさん
返信日時:2017-11-24 23:35:44
お早いご回答を頂きまして有難う御座います。

大変参考になりました。

あと少しだけ教えて下さい。
色々、調べてみると一体型は保険が使えないと出ておりましたが、担当の先生から保険治療と説明を受けております。

保険外ポストクラウンとは、別物になるのでしょうか?

また、一体型は、コアとクラウンの二重構造のものと予後の違いはあるのでしょうか?


宜しくお願い致します。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2017-11-25 00:17:17
>一体型は保険が使えないと出ておりましたが、担当の先生から保険治療と説明を受けております。

詳しいことはわかりかねますが保険診療で賄えるのではないでしょうか。


>一体型は、コアとクラウンの二重構造のものと予後の違いはあるのでしょうか?

私のイメージしているものならかわらないと思います。




タイトル クラウンが外れやすいのでコアとクラウン一体型を勧められた
質問者 kazuuさん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 支台築造その他
クラウン(差し歯・被せ)その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日