[写真あり] 咬み合わせが深く出っ歯も、修復物も多いが矯正したい

相談者: 未来へさん (38歳:女性)
投稿日時:2017-11-26 18:18:13
こんばんは。
初めてご相談させて頂きます。
どうぞ宜しくお願いいたします。


私は、現在、歯科矯正を考えております。
症状につきましては、

@上顎前突出っ歯
A下顎前歯叢生
B左上4番(第1小臼歯)が根尖部破折。 現在は仮歯です。
C根管治療で神経をとっている歯(全体で8本)
 〇上顎右上6番  
 〇左上4番、5番、7番
 〇下顎右下6番、7番、8番  
 〇左下6番
D現在、歯周ポケットは右下6番の6mm以外、すべて3mmです。
E現在の骨の状態であれば、矯正可能と言われました。

F右下8番親知らず虫歯あり。現在、経過観察中。


以上です。
恐縮ですが、画像ありです。


【ここで、ご質問させていただきたく存じます。】

1)私のような歯の状態の者でも、なるべく抜歯をしない治療方法はございますか?

2)咬み合わせが深く、歯の正中があっている私のような症例の者は下顎の歯の抜歯はしない方がよいと言われましたが、いかがでしょうか?

3)素人考えですみません。
上顎を2本抜歯し表側セラミックブラケットで下顎を非抜歯でMEAW(マルチループアーチワイヤー)での矯正は可能ですか?


皆様、お忙しいい時期かと思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

画像1画像1 画像2画像2


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-11-26 21:33:45
こんにちは。

抜歯矯正をご希望なのでMEAWをご希望なのでしょうか?

この写真だけではなんとも言えませんが、修復物が多いのでブラケットがトラブルなくつくかどうかちょっと不安があるかもしれませんね。

必要に応じて金属やセラミックの部分をやり直しになるかもしれませんね。


MEAWは顎間ゴムを多様するでしょうから少し特殊な矯正法ということになるでしょう。
MEAWをしていますという先生をまず探す必要があるでしょう。

お探しになられたら具体的な相談にのってもらうために精密検査をうけられる必用があるでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 未来へさん
返信日時:2017-11-26 22:04:44
船橋先生、こんばんは。

この度はお忙しいところ、早速、ご回答頂きまして誠にありがとうございます。


「非抜歯矯正をご希望なのでMEAWをご希望なのでしょうか?」

→上顎につきましては、左上4番が根尖部破折のため抜歯となるということでしたので、上顎2本の抜歯は避けられないと感じております。
そのため、下顎の抜歯だけはなるべく避けたいという思いでおりました。

MEAWを使用しなくても、下顎の歯をなるべく抜歯せずに進められる治療がごさまいましたら、大変有り難いのですが...。


先生のように迅速に患者様に対応されるお姿は心から尊敬いたします。
ありがとうございました。感謝。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-11-27 10:36:36
MEAWを用いなくとも普通に矯正治療を行えば、下顎の配列は可能ではないかと思います。

上顎前突を改善する為には、上顎の抜歯は必要ですから、根尖破折があるなしに関わらず左上4番は抜歯することになるでしょうし、変則的に抜歯しても、正中が変位しますので、反体側も抜く必要は出てくるでしょう。


一方の下顎ですが、こちらは上顎前突である場合は抜歯する必要がない場合が多いかと思います。
また、かみあわせが深い場合などは特に抜歯しないで治療する方がいい場合が多いと思います。

MEAWは、前歯部と臼歯部の圧下を目的として使われるワイヤーですが、かみ合わせを浅くするという意味で言えば、これでなければ治療できないというわけではありません。


咬合面のみの写真ですので、上下の関係は分かりませんが、ごく普通の矯正治療の範疇に入るように思います。

回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-11-27 11:30:42
私は矯正治療前にインビザラインのクリンチェック機能でシュミレーションを受けることを自分の患者さんにオススメしています。

抜歯ケースも非抜歯ケースも行うには理由があるわけです。

それをちゃんと見てもらって納得してもらえるように説明ができ再現性についても考察を加えることが出来るので納得してもらいやすいですからね。

治療ゴールが決まってしまえば後はそれに向かって技術をあれこれ投入していけばいいのです。


通常の矯正治療の問題点は治療ゴールが明確に示されないまま治療契約に至ることにあるかもしれませんね。

クリンチェックは数万円で可能ですからデジタルデータ化して上手く使えばいいのにと思います。


矯正治療を契約される際は事前にどういう治療ゴールを目指すことが可能で、歯根と骨の関係はどうなって修復物はどこを替える必用があるのか?などのより具体的な治療計画に納得できた場合行うとよいのではないかと思います。

ただ、目標の設定によっては複数の治療法を用いなければ達成できない場合もあるので、治療方法は色々持っているところで実際には行ってもらうことがよいと思います。
複雑になればなるほど費用も高くなるでしょうから、そこが難しいかもしれないと思います。


38才で修復物がすでに多くあれば、天然歯でそれほど咬耗もなく骨の厚みもまだ十分で組織の反応性もよい10代や20代とは異なってきますから、しっかりと検査を受けられ十分な説明をしてもらってお考えください。
修復物を替えることを治療計画に加えると治療自由度が高くなる場合もあるでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 未来へさん
返信日時:2017-12-02 22:14:40
今村先生、船橋先生
この度はご多忙中にも拘わらず、誠意のあるご意見を誠にありがとうございました。


自身の歯について現在置かれている状況等、しっかり勉強し、矯正相談を受けたいと思います。

本当にありがとうございました。感謝!



タイトル [写真あり] 咬み合わせが深く出っ歯も、修復物も多いが矯正したい
質問者 未来へさん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
その他(写真あり)
叢生(ガタガタの歯並び)
上顎前突(出っ歯)
過蓋咬合(かみ合わせが深い)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日