裏側矯正の装置同士がくっついていることはありえますか?

相談者: もふねこ♪さん (30歳:女性)
投稿日時:2017-12-03 22:38:15
矯正を始めました。
裏矯正です。

普通は、歯についている【器具 ワイヤー 器具】のような感じになると思うのですが、私の場合は、器具と器具同士はぴったりくっついている形で、歯間ブラシフロスも通らない状態です。

なので、歯の真ん中に器具がついているのではなく、右寄り、左寄り・・という感じになっていて、歯の真ん中にきれいに器具がついている状態ではありません。

このままいけば、虫歯一直線なのでは・・と不安なんですが、このように矯正器具と器具がすきまなくぴったりくっついていることはありえるのでしょうか?
それとも私の通っているところが下手なのか。

ちなみに下の歯も裏矯正ですが、器具と器具がくっつくことはありませんでした。

器具と器具同士がくっついている部分は、上2と3の間と、3と4の間で左右両方です。

そこの矯正歯科は、ブラッシング指導もしてくれないし、ワンタフトブラシって持ってますか?なかったらお会計と出しておきますね!と言いながらすっかり忘れて出さなかったりと、最近ではあまりいい印象は受けていません・・

普通はブラッシング指導、やりますよね?


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-12-04 00:54:58
こんにちは。

矯正専門医では、ブラッシング指導まできちんと行ってくれるところとそうでないところがあるでしょう。

自費治療なので普通というのがありません。
決まりがないからです。

裏側矯正ブラケットポジションですが、インダイレクトでしょうか?
歯並びのよっては、ブラケットのつけ直しが必要になるかもしれませんが、実際にどうなのかはわかりません。

契約されて治療が開始されているならば、わからないことは担当医やスタッフに直接尋ねるのがよいでしょう。

他所の歯科医院と比較しても転院は簡単ではありませんから、担当医と信頼関係を築く方が有意義でしょう。

回答 回答2
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2017-12-04 08:49:43
表側矯正に比べて、裏側矯正は装置間の距離が短くなります。

そのため、凸凹の多い部位や歯の大きさの小さい下の前歯などは、装置が近接してしまうことがあります。

裏側矯正の場合、ハミガキ時に装置が見えないので、ワンタフトブラシなどをうまく組み合わせて、磨くしかないと思います。

また、装置間にワイヤーが入っているので、フロスはそのままでは使用できないと思います。

どうしても使用したいということであれば、多少工夫すればできますが…。




タイトル 裏側矯正の装置同士がくっついていることはありえますか?
質問者 もふねこ♪さん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯磨きに関する疑問
歯列矯正の治療法
歯医者への不満・グチ
舌側矯正(裏側の矯正)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日