右下6番が折れているかレントゲンではわからないのか?

相談者: ゆーしさん (43歳:女性)
投稿日時:2017-12-04 22:22:23
右下6番が一週間前から激痛で眠れず、歯医者へ行きました。

レントゲンを撮り、もしかするとかぶせものの下の歯が折れてるかもしれない。と。
かぶせものも除去してみたが、ハッキリとわからない様子で膿が出ていた為、仮のかぶせものをして、ジスロマックとロキソニンを出されて帰宅しました。


翌日顔が腫れているし、かぶせものを除去する際の麻酔の為か、下唇の麻痺も二日経ってもとれないため、再受診いたしましたが、仮のかぶせものを取り外せば痛みは軽くなりますと言われましたが、激痛は収まりません。

歯科医師のかたはレントゲンと目視では歯の折れはわからないものなのでしょうか。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-12-05 10:35:29
んんん…

破折した部位、角度によってはレントゲンや目視だけではわからないこともあります。

可能であれば歯周ポケット検査やマイクロスコープや強拡大ルーペなどの拡大視野での観察をしてもらうと確認できるかも知れません。
(場合によっては歯茎を切開して初めて見えることもあります)

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ゆーしさん
返信日時:2017-12-05 18:49:06
櫻井先生、返信ありがとうございます。

わからない事もあるのですね。。

圧を逃がすため、仮のかぶせもの取っても痛みは変わらないため、参っています。
ジスロマックは3日分を今朝飲み終わりました。

これから痛みは引くのか不安でたまりません。



タイトル 右下6番が折れているかレントゲンではわからないのか?
質問者 ゆーしさん
地域 非公開
年齢 43歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
歯の痛み その他
歯根破折
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日