インプラント治療費が最初に提示された金額と違う

相談者: たえままさん (58歳:女性)
投稿日時:2017-11-20 21:11:33
私の友人(歯医者)に紹介された歯科医インプラントかみ合わせの治療をするということで、提示された金額が最初に300万円と400万円の治療説明をされました。

私が友人の紹介だということで300万円の治療計画書にその場でサインを求められました。
説明をしてくれた受付の方がデンタルローンの説明をしてくれたのですが、ローンを受け入れてくれず先生は支払いの方法を提示してきました。

それでインプラント(左上の6番と左下の6番)の合計2本と前歯(左と右の1番、2番)の合計自由診療4本入れました。
その治療計画書が総額170万円でした。


今年に入って受付の方がこちから言わなければ領収書を渡してくれないので、ここは領収書は言わないと出さないのですかと聞いたら患者さんには年末でまとめてくださいという人がいますといわたので、私もそれでいいですと言いました。

ところが、その治療が終わった金額を昨年と合算してみると220万円近くあり、その間に左上の5番と6番、右上の5番を保険治療しましたが、それでも差額がありすぎて支払いが多すぎていると思いますが、今年の治療を受けた領収書をもう一度発行してもらおうと思っていますがどういう風に先生に話をしたらよろしいでしょうか。


また、私はインプラントの両方で100万円かかっていますが、先生は紹介なので30万円負けてくれたそうです。
インプラントが1本65万のそんなに高額のインプラント費用がありますか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-11-20 22:55:31
経緯や実際の状況がよく分かりませんが、紹介してくださったというご友人が歯科医師ということなのでしたら、まずは、その方に相談なさってみてはいかがでしょう。

詳細な内容が判りませんから、数字を見ただけでは、高額かどうかの判断はできませんね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-11-20 23:16:18
インプラントが1本65万のそんなに高額のインプラント費用がありますか?

あるかないかについてはあるかもしれませんが個人的にはずいぶん高額だと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: たえままさん
返信日時:2017-11-21 05:52:32
紹介してくれた友人からは、支払った金額のことはお互いで話し合ってくださいと言われました。

費用を払いすぎていることに対して施術した歯科医への話をどのよう言い方をしたらいいでしょうか。
あんまり感情的に話をしたいのですが。

また、この話を聞いた友人が私と同じインプラントの場所を施術した歯科医に電話で金額を本当に負けているかどうか確認するために、聞いて確かめてあげるといっています。
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-11-21 14:26:02
こんにちは。

自費治療の場合はその医院との個人契約になるので、その医院での治療を希望するならばこの金額でなければしませんよという金額を提示されると思います。

しかし治療前に提示される金額はあくまでも見積りでしょうから、治療途中に別の治療が必要になれば一言でも説明があって治療を依頼されれば追加金額が発生するという場合もあるでしょう。

どういった経緯で治療見積りと異なってしまったのか?について説明を求めてみるのは構わないと思います。


お金のことはご自身が責任をおうのは当たり前でしょうから、歯科医院とのやり取りの一部に関与してくれるといってくれたご友人はよい方だと思います。
ただ、実際にはご自身がやり取りされる必要があるでしょう。

治療明細を発行してもらいたいと申し出ればよいのではないでしょうか?
確定申告時に医療費控除が年額10万円以上で受けられると思います。
最終的な年間医療費が一世帯内で10万円以上かかった場合の所得控除の税政上のシステムです。

所得があり税金を納めている方が申告されれば適用されるので申告に必要だからと言って明細をもらうとよいかもしれませんね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2017-11-24 17:00:36
うーーーん、治療計画とその費用の提示、そして同意で治療が始まるモノ、と私は考えてるので、正直違和感がかなりあります。

1本65万のインプラントが高いか否かは、どう言う治療したかでも違いますので、ここでは何も言えないと思います。


ただ、領収書の発行とか、商業的な部分で商法に詳しくないのかな、とは感じます。

しかし、良く支払いましたね。

提示された総額と実際に払った額がたいぶ違うのと言うのが、本当に驚きです。

正直驚きました。

少なくとも金額が変わる、増える場合とかには、相当の説明をして納得いただいてから払うべきだ、と私は助言します。

是非、今後はどんぶり勘定はお止めになることを、強くお勧めします。


又、領収書とかに関しては、ちゃんとその都度とかちゃんとされることをお勧めします。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: たえままさん
返信日時:2017-11-30 07:16:10
こんにちは

相談させていただき、アドバイスありがとうございます

すいません、施術した歯科医師とも話したのですが話は平行線のままで解決しません

引き続きアドバイスがあればお願いします。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: たえままさん
返信日時:2017-12-02 20:38:09
先日 友人に紹介された歯医者で領収書があいまいで一括で出された金額が違いすぎるということで相談したものです。


その後 別の先生を紹介してもらい、全体のレントゲンを撮ってもらったところ、インプラントの右上の6番の部分に骨を作っていないのがわかり、僕なら入れるけどねと言われました。

左上の6番も治療したばっかりだったのにもかかわらず、膿がたまっているということで、治療してもらいました。


その後、領収書の金額の違いを聞きに行ったところ右上6番に骨を入れたからと言われました。

嘘を言っていると思ったのですが、先生同士が友人同士のためその場は何も言えずに帰ってきました。


インプラント前の検査で10万円かかったにもかかわらず、治療計画書にそのことが記載もなく、説明もなく領収書金額の間違いを指摘して初めてそのことを言ってきました。

インプラントの骨がないことをどうやって証明して認めてもらったらいいでしょうか。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2017-12-03 15:42:12
たえままさん、はじめまして。

右上6番のインプラントの周りの骨を入れたとのことですが、骨補てん材の種類によってはレントゲン写真に初期は写らないこともあります。
時間がたてば骨の形は変わりますし、入れた骨も吸収することもあるので、入れていないことの証明は難しいでしょう。


別な先生のアドバイスをもらうのもいいですが、インプラント部の処置は責任の所在が不明確になるので、今は別な先生に処置してもらわない方が良いと思います。

領収書は保険自費、期間も合算期間が長いのでわかりづらいですね。
少なくとも保険と自費の治療費は別項目にしてもらってはいかがですか。
できれば自費治療についてはその内訳を手書きでもよいから書いてもらうといいでしょう。


話の流れを時系列でノートにまとめておき、市の医療相談窓口などでご相談されてはいかがかなと思います。

歯科医院へは頭の中がある程度すっきり話したいことがまとまってから相談のための時間をとってもらうようお願いし、第3者に同席してもらうのがよいと思います。

ご納得のいくよう解決できることを願っております。
お大事になさってください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: たえままさん
返信日時:2017-12-09 23:19:40
こんばんわ

引き続きアドバイスお願いします



タイトル インプラント治療費が最初に提示された金額と違う
質問者 たえままさん
地域 非公開
年齢 58歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ インプラント費用・治療費
インプラントに関するトラブル
歯医者への不信感
歯医者への不満・グチ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日